上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日分で引用した、ゴランが昔クロアチアに里帰りした時のインタビュークリップ。
Nikoさんがコメントしてくださったように、彼がERに登場した最初のシーズン終了後
(2000年夏辺り?)に収録されたテレビ番組「ロッカールーム」と思われる。
今日になったら、こちらのファンサイトに長時間バージョンのビデオが登場。
トップページから飛べるVideoセクションに約15分のクリップが3本。
ただし、サイズはそれぞれ40MBあるうえ、すべてクロアチア語なので
「マニア限定」(笑)向けかもしれない。

(追記)
全部で45分、美しいふるさと(多分、出身地Sibenikがロケ地)でリラックスモード
全開のゴラン。とにかく、しゃべる、しゃべる、しゃべる!
内容が想像できる部分もあるけれど、ほとんど分からないのが残念。

(さらに追記)
Nikoさんこちら(Others → LockerRoom)にキャプチャをアップされている。

スポンサーサイト
Michael Michelle(ERクレオ)がレギュラー出演の新作シリーズ"Kevin Hill"
の放送が29日、米UPN系で開始された。

人もうらやむ生活を送る独身エリート弁護士が、従兄弟の突然の死でその赤ん坊を
引き取ることになり・・という物語。
Michaelの役は、主人公が移籍した先の弁護士事務所のボス(シングルマザー)。

主演はテイ・ディグス(Taye Diggs)。「アリー」の第四シーズンでもフェロモンムンムン
という弁護士役をやっていた。
ミュージカルなど舞台経験もある人。IMDbによると、ミュージカル「Rent」で
役をゲットする以前は、東京ディズニーランドでショーのキャストをやっていた
こともあるそうだ。

レギュラーのひとりChristina Hendricks(写真では右から3番目)ってどこかで
見た顔だと思ったら、ERの第八シーズンでアビーが助けようと奔走、挙句怒った
その夫に殴られたドメスティックバイオレンス被害者の隣人、Joyceだ。
ルックスが結構カワイくて印象に残っていた。


このサイトからのクロアチアでのインタビュービデオ(右クリックで保存用)。

動物の鳴き声を真似するリラックスモードゴラン。いつごろのものかは不明。
これについての記事を以前どこかで見た気がするが、今のところどこだったか
思い出せない。
7月ごろ現地の映画祭サイト(スクロールして、ページ下のほう)にアップされたものが
まだ残っている、ゴランが故郷で出演し今夏公開された "Duga mračna noć"
("Long Dark Night") からのビデオ(IMDbの作品ページからも辿れる)。
画質が悪い分サイズは小さく(1.5MBほど・保存可)、長さは3分とたっぷり。
もちろん、何を言っているのかは全然わからないけど。
堂々3時間半もある「歴史大作」らしい。
奥さんのお父さんが監督の作品。
NBC Universal Media Village のER写真に、11-4 "Fear" (10月21日
放送予定)からのものが追加されている。

プラット
カーターとプラット
カーターとアビー




NBCサイトに掲載されてから数日で、巨大サイズバージョンがネットに流れたERキャスト
の11シーズン集合写真(26日分参照)。

サイズが大きくなり、細部まで見えるようになってわかったのが・・ルカ(ゴラン)の靴が
左右で違う!ということ。撮影時に左右別のものを履くことはちょっと想像しにくいし、
写真をよく見ると彼のズボンの裾から足元あたりが多少不自然。これは、後で誰かが
画像処理ソフトで細工をしたのではという推測が当たっている気がする。手前に
出ている右足のピカピカした靴の部分が合成だと。他の男性キャストの靴がすべて
ツヤ革タイプなのに揃えた? でも、なぜ片方だけそんなことするかな? そっちの方が
目立つとはいえ・・。
手抜き?
だとしたら、ちょっといい加減な仕事ではないだろうか。

それから、レイのShane West。指の爪2本だけ黒いマニキュアって・・・
2004.09.28 多少安心? 
詳細な内容が伝わり始めた11-8のネタばれ(例えばここ)によると、「スモウレスラー」は
実際の「力士」じゃなくただの「大柄な人」っぽいのでひと安心(?)。
が、その「スモウレスラーみたいな甥」とレスリングやってて怪我、でERに来たという設定の
患者の苗字が「Sakabu」。もしかして日系人の名前? そうならば、微妙にズレてる気が
しないでもない。「サカブ」さん?、うーん、聞いたことない・・。
新シーズン放送開始に合わせてのMekhi Phifer(プラット)のインタビュー

(以下、中身の要約)

ERの新シーズンを楽しみにしている。降板するキャストがいる分、自分の責任が重く
なることも含めて。

(映画からスタートしてテレビに進出したことについて)
映画のキャリアが終わったわけではなく、今も両方をやっている。
シットコムの端役みたいな仕事ならば話は違うだろうが、「ERのレギュラー」は、自分の
キャリアにとってはステップアップだと思う。

俳優になったきっかけは、従兄弟と一緒に(ハーヴェイ・カイテルやジョン・タトゥーロ出演の)「Clockers」という映画のOpen Casting(一般人でも誰でも参加できるオーディションの一種みたいなもの?)に行ったこと。
そこでオーディションを受けるように言われて、役を獲得した(写真)
当時レコードの契約(ラッパーだったが、今は音楽はやっていない)があり、建設関係で働き、そしてカレッジにも通っていた。それまで俳優になりたいと思ったことはないが、自分が何か
クリエイティブなことをやっていくだろうとは思っていた。

(Hotとかセックスシンボルなどといわれることについて)
嬉しいが、外見というのはあくまで表面的なものだから仕事の中身で評価されたい。
別に俳優になって急にモテはじめたわけではなく、映画デビューの19歳までに、
もうたくさんの女の子と付き合っていたのだから(注;こういうことはなかなか自分では
言えない、と思う)。「シャツを脱ぐ」ことが売り、みたいな役を選んだことがないのは
今までの出演作を見ればわかるはずだ。

映画の新作は"Slow Burn"(写真)
(注;この映画では、今度ERにゲストで出るレイ・リオッタと共演)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

以下はやはり先週出たファイファーがらみの記事。どちらも真偽のほどは?という
ゴシップ的なもの。

MEKHI CHOOSES AGE OVER BEAUTY
「付き合うなら若い女性より年上のほうがいい」

REID AND PHIFER: A BUDDING ROMANCE?
 (ページ上から5番目の記事)
「”アメリカン・パイ”の女優Tara ReidとLAのクラブで親密そうだったのが目撃される」
最後の「店を二人一緒に出る時、隣のブースにいたパリス・ヒルトンたちを無視して
いた」というのがイイですね。
ちなみにMekhi(ERのクレジットでは「メキー」と出るけど、実際の発音は「メカーイ」が
近い)は子供一人ありのバツイチ、現在独身。

ER11-1より

(ウィーバーが患者(?)を問診)

Weaver;
Are you having any abdominal or pelvic pain?
「腹痛か骨盤痛はありますか?」

この"pelvic pain"は直訳すると「骨盤痛」となるだろうが、日本語ではそういう
言い方はあまり聞かない。「下腹部痛」と意訳して大丈夫だろうか(自信なし)。
英語では abdominal とpelvic をこのようにはっきり分けて考えるということが
興味深かった。



(自分もケガをしているのに、側のチェンの治療に口出しをやめないプラットを
一喝するウィーバー)

Weaver;
Back off Pratt. Or I'll check your rectal tone(?) with my crutch!
「下がってなさい、じゃないと杖で直腸診するわよ!」

痛そう・・・

数日前に出た11シーズン8話の簡単なネタばれ

...there's a seeing eye miniature horse, and a sumo wrestler.
中で、↑これ、「うわー、ヤだなー」という感じ。日本人から見たら妙ちきりんな「力士」の
登場が目に浮かぶようだ。ERでこれまで描かれた日本人って全部「ヘン!」だった前歴が。
最近の9シーズン終盤に出てきた尼さん、僧侶、般若心経の描写も、なんだかな~だったし。
"seeing eye miniature horse" (盲導犬ならぬ、”盲導ミニ馬”?!)も気になるけど。

"One for the Road"からのビデオクリップ(プロモも)がいつものファンサイトに。
"Carby"サイトなので、当然(?)アビーかカーターの登場シーンばかり。

こちらのページ

「右クリックで保存してください」と注意書きあり。

#8のアビー&患者は、今回のエピソードで「笑い」をとった場面。

(追加)
NBCサイトのシーズン11キャスト集合写真(24日付けブログ参照)の
高品質バージョン
約二倍のサイズで、それぞれのファッションなどがよりよく分かる。

集団の中にいながら、「公認カップル」っぽいポーズで映っているルカとサム。
なのに、ルカに寄り添いつつ手はレイにかかっている彼女っていうのが何かの暗示
なんだか違うんだか(苦笑)。

(さらに追加)
さらに巨大サイズ!バージョン
(いずれも個人サイトからなので、アップされている期間が短い可能性あり)

次回分のプロモが、こちら(保存用.zipファイル)。
レイ・リオッタもちらりと見えたりで、第二話というよりもう少し先までの予告という作り。


サム、またはルカファン限定向けで、
ビデオ
キャプチャ

(追加)
400枚以上!あるエピソード全体のキャプチャ(拡大可)


昨日発表された速報値で、木曜放送のERの11シーズンプレミアエピソードは裏番組
"Without A Trace"" (CBS)に初めて視聴率(視聴者数のトータル)で抜かれたとのこと。
"Nielsen Media Research" による推計では2150万人対1970万人。
NBCは負け犬の遠吠え的に、「18~49歳の年齢層部門(その購買力などから?最も
重要視される)では勝っている」ことを強調。


'Without a Trace' Beats 'ER' in Ratings(AP)
Zap2it
E!Online
NBCUMV

(第十シーズンのラストは、逆ギレした赤の他人ドライバーの発砲から逃げるプラットの車。)

プラット(頭打って一時危なかった)とチェン(足撃たれた)はクルマごと川に転落という
事故から一応助かるが、同乗していたティーンエイジャーの患者(プラットを慕っていた。
退院の際の迎えが来ずプラットが車に乗せる)は命を落とす。

アビーはナース最終日(プラットたちの治療では、ウィーバーの鶴の一声で
一日繰り上げでドクターに変身する)からインターン初日へ。奮闘するが、担当した
がんの患者が後悔の残る亡くなり方をしたりで、あまりいいスタートではない。

将来に疑問を感じ、ミシガンでのインターンシップを放り出してしまったニーラ。アビーに
泣き言を言いに(?)カウンティへ戻ってくる。治療を手伝いたくても、カウンティでの
資格は切れていてやらせてもらえない。が、プラットの事故で死んでしまった男の子の
縫合(開胸の後始末)はする。ずーっとアビーにくっついてまわる。

ケリー。先シーズンモメまくっていた息子ヘンリーの養育権争いが、不自然にもあっと
いう間に解決。なぜかサンディの家族が譲歩し、権利を勝ち取る。

ルカはシカゴから逃げ出したサム(&アレックス)をどこかのモーテル(居場所は
アレックスが知らせた)まで追いかけ、戻るようにサムを説得。結論はまだ。

エリザベスはプラットらの治療シーンに登場。
スーザン産休中。
新加入のレイは一瞬の顔見せ。

カーター&Kem。赤ちゃんの遺灰を湖に撒く。彼は「(アメリカに)残って欲しい、結婚
してほしい」と話すが、彼女の帰国の意思はゆるがない。ただ、「結婚してほしい」には
無言で、YesともNoとも言わない(・・・この先どうとでも展開させられるように?)。
「愛してる、でも私には時間が必要」。
この二人のラストシーンに流れたのが・・・・、マークの葬儀の時と同じピアノ曲。

来週は放送なし(大統領選、ブッシュ対ケリーの討論のため)。

キャプチャ
(次回の予告編には●●●●とベビーが見える!)



グレー&シルバーでいってみよう

スーツ姿のルカはいつ見てもたまりませぬ。

エリザベスがいないのが寂しい。

スクラブや白衣ではなく私服姿なのは新鮮だけど、「スタジオの隅で撮りました」っぽい
何もなさ過ぎる背景にちょっと手抜き感が、と個人的には感じる。点滴スタンドなどが
キャストの服装や背景とマッチせず不自然に見えて。
シーズン11の放送開始までもう半日ほど。

NBCのERサイトに、新レギュラーのシェーン・ウエストが自分のキャラクターなどについて
語っているビデオがいつの間にかアップされていた。ページ右側のFeatured Videoから。
この人の映像(写真ではなく)は初見。
微妙?ちょっと目と目の間が離れてる、かも。

「演じるキャラクターと同じように、自分もこの番組にとっては新参者で、制作現場や他の
キャラクターのバックグラウンドとかはあまり知らない。あえて知ろうとせず、自分とキャラを
重ねて演技する方向でやってる。自分のキャラの性格付けはとても好きだ」
21日のNBC "Today" に元・マークのAnthony Edwardsが出演。ここの検索窓でAnthony Edwardsを検索するとその時のビデオが見られる(このサイト、昔はそれぞれのビデオクリップに直リンできたのだけど)。今週公開の新作スリラー、"The Forgotten"(共演ジュリアン・ムーア) のプロモーション。

「ERの8年間は素晴らしかったし、子供を学校へ送り迎えしたりして ”生活”を実感できる辞めてからの二年も、とてもいい」
21日に行われた本の出版イベントに顔を出したとのこと。

wireimage
gettyimages

ヒラリー・ダフなども来たイベントだったようで、なぜ?と思ったら、の著者がNBC
"Today"のエンタテイメント担当特派員をやってたりだそうで。多分有名人なのだろう。
ERの10シーズンから登場するシングルマザーのナース、サム(Linda Cardellini)。
その息子アレックス役のOliver Davisがレギュラー出演するABCの新シットコム
"Rodney"が21日に放送開始。

10シーズンの「アレックス」は、ERの子役としては破格に登場シーンが多かった。
が、別の番組にレギュラーで出るとなると11シーズンでは出番減るかな?この新番組が
いつまで続くかにもよるかもしれない。メディアの作品に対する評価は、どうも芳しくない
ようだし。

オリバーは93年5月生まれの11歳。ERでは、いかにもアメリカ人いかにも都会っ子、そして育った環境からかちょっとヒネていて(「問題行動」多し)、「怒れる小さな魂」色が濃いキャラクターをなかなか達者に演じていた。

今年5月付けの新聞インタビュー
ファンサイトのビデオセクション(ER10からのシーン多数)
ER登場前に出演した塾?のCF映像(12.6MB)

ルカフィーチャーエピソードということで、先週の放送以来切れ切れながら何度か見直して
いる。

彼の "hotness" はもう最高なのだけど、以前の感想でも書いたように、見るほどに
これはカーターのエピソードだなあと思う。
すべてが彼の目線・視点から描かれている。非常に直截的に「目線」があちこちさまよったり
泳いだりというシーンも随所にあるし。ラスト近く、患者の中から見つけ出された兵士が
銃殺される場面も、その時の位置関係でそれを直接「見て」いたのはカーターで、背を
向ける格好で捕らえられていたルカではない。

ルカたちが運んで来た患者を治療した(救えなかった)後のルカ、カーター、ジリアンの
三人のシーンは、短い間にかなりいろんな意味、暗示がこめられていて面白い。
状況を把握しようと、ジリアンとルカの間を何度も行ったり来たりするカーターの視線。
ジリアンがお酒をコーラで割る時、二つのコップで全然違うアルコールの割合、そして
そのうちどちらをカーターに渡すか。彼女が出て行き、短い沈黙の後のルカの第一声が
アビーどうしてる?」、対するカーターの答えは「ジリアンとは何もしてないってば!」。
ランプの周りに蛾を飛ばす芸の細かさ。

ルカ&ジリアンのカップルは良い!厳しくて特殊な環境下での一時的な関係だとしても。

インド系のドクターアンジェリーク、クールでとても魅力的。

登場する子供達はみんな、笑顔が素晴らしくかわいい。

エピソード後半がヘビーなため印象が薄れがちだけど、冒頭、義肢でいっぱいの機上で
カーターが披露した一瞬の「ルカのマネ」はツボ!

仏語、または英仏二ヶ国語を話す黒人俳優、その他おおぜいのエキストラ。つい、
どこから探してきたんだろうなどと余計なことも考えてしまう。一口で「黒人」といっても、
コンゴという同じ国の住民に見えるよう、肌のトーンも一定の範囲でなければならなかった
だろうし。そして、エキストラを含めると百人単位の俳優達を使ってのハワイロケ。おカネ
かかってる~~~。交通費だけでもすごいだろう。

こども達へ予防接種のシーン、カーターがルカに教わり、言ってはみたものの笑われて
いたフランス語は ”怖くないよ、かわいこちゃん”みたいに呼びかけているつもりの後半
部分が "my little swimming pool" という意味の発音に聞こえたから。

今まで何となく、"machete" は「オノ」のようなものを想像していたけど、今回の吹き替えで「刀」と訳されているのを聞き、辞書で確かに「ナタ、刀」なのだと確認。

いろいろな場所に出ているけど、とりあえずIMDbから。

かなり無理してERつながり
シンシア マギー・ドイル/CSIのサラ モーゲンスタンぶちょー

「24」の・・
ジャック アルメイダ 大統領

「ザ・ホワイトハウス("The West Wing")」の・・
大統領 ファーストレディ CJ レオ ドナ ジョーイ・ルーカス

「Sex And The City」の・・
キャリー&ビッグ ミランダ スタンフォード シャーロット夫ハリー
(シャーロット、サマンサはURL紛失)

「CSI」の・・
坊や おじさん

「エイリアス」の・・
シド/映画「エレクトラ」のエレクトラ(=ゴランの相手) 
シドパパ

モンク

ウィル&グレイス

「アリー」のネルと、「スパルタカス」ゴランの相手役(Rhona Mitra)
いつもお世話になっているゴランのファンサイト、Bleu Profond (サイト名は彼の出演映画 "The Deep End" のフランス語タイトル)が更新され、写真やビデオが追加されている。

新しいビデオは、トークショー"The View" 出演(2001年2月)時と、NYロックフェラーセンター、2002年のクリスマスツリー点灯式中継番組にゲスト出演した時のもの。


(追記)
現地時間の昨日、The Learning Channel(=TLC)で放送されたRidesという
クルマ番組(エピソードタイトル;Raging Bull)はランボルギーニの特集。ほとんどはメカニックがどうのというマニア向けの話だったようだが、ゴランが「1分未満」ほど登場したらしい(8月の新車発表の時(こちらも参照ください)のもの)。その内容の報告はここなど。
昨日のブログでわかったようなフリをして「ゲスト男優部門もう発表済み」などと
書いたが、さきほどエミー賞公式サイト?を見ていたら、ERがノミネートされた4部門のうち、
ドラマシリーズ監督部門以外の3部門はすべて一週間前の"Creative Arts Emmys"
カテゴリーで発表されていたよう。
日本時間で今日発表された作品賞など主要部門は "Primetime Telecast Emmys" 。

"Creative Arts Emmys" に含まれるのは、カメラワークや音声、メイク、
キャスティング、ライティング、音楽に衣装、特殊効果やスタントなどなどの「縁の下の
力持ち」的部門、そしてゲストスターの俳優賞、ノンフィクションや子供番組、アニメ、
リアリティ番組の作品賞もここ。
(・・・授賞式を中継しても、注目する人が少ない部門をまとめてる?)

「ER」は、今日発表だった監督賞も含め受賞ゼロに終わったようだ。
昨年は Single-Camera Sound Mixing for a Series なーんてのをかろうじて
取っていたっけ。
2004.09.19 エミー賞 
現地時間の今夜(日本時間明朝)、「テレビ界のアカデミー賞」、エミー賞が発表される。
ERは作品賞など主要な部門にノミネートされなくなって久しいので、「発表が待ち遠しい!」なんてことは全然ないのだけれど。

今年は一応4部門にノミネート。

"Outstanding Guest Actor In A Drama Series" (ドラマシリーズゲスト男優賞部門)
Bob Newhart (視力を失いつつある、スーザンの患者役)

"Outstanding Directing For A Drama Series " (ドラマシリーズ監督部門)
ER - The Lost (エピソード10-2、カーター&ルカのコンゴ編パート2)
Christopher Chulack, Director

"Outstanding Single-Camera Picture Editing For A Drama Series"
(ドラマシリーズシングルカメラ映像編集部門?)
ER - Freefall(エピソード10-8、ロマノのラスト)

"Outstanding Sound Editing For A Series" 
(ドラマシリーズ音声編集部門?)
ER - Drive(エピソード10-22)

このうち、ゲスト男優部門は既に結果が発表されていて、Bob Newhart
は賞を逃した(受賞者は "The Practice" のゲスト、William Shatner )。
Stone, Shatner Get Early Emmys
シャロン・ストーン、初のエミー賞受賞

授賞式の模様は、日本ではAXNで10月3日(日)に放送予定。
アメリカで今月28日放送のドラマ"Law & Order: SVU"(シーズン6の第2話)に、 
ERのDrチェンことミン・ナがゲスト出演するそうだ。
tv tome

写真;LAW & ORDER--NBC Series--"Debt"-- Pictured:Ming-Na as Li Mei

ERの「シンシア」、マリスカ・ハージテイ(9月9日参照)と共演だね。

ニーラネタの続きで、古い(一年前)記事をもう一本。
ERに登場するアジア系キャストが、現実のアメリカの医療現場と比べて少ないという
ことについて。

中で、ニーラ役のParminder Nagraがキャストに加入し、撮影が始まった当初、
スタッフの一部が彼女を(おそらく、彼女自身がそうして欲しいといったわけではないのに)
「ミンディ(Parminderから)」と呼んだのを、先輩ミン・ナが速攻やめさせた、
というくだりが印象に残っている。

"If you can remember Catherine Zeta-Jones, you can remember
Parminder. You can remember Ming-Na," she said. "It's that
kind of stuff. It's a constant education of who we are and what
we can contribute."


「”キャサリン・ゼタ・ジョーンズ” と覚えられるなら ”パーミンダ” や ”ミン・ナ” だって覚えられるはず。そういうことが大事なの。徐々にでもそうやって周りを教育してゆくことが私たち(アジア系)の役目。(かなり意訳)」

チェンってキャラクターはそんなに好きではない。でも、いいぞ、ミン・ナ! Go, go!
・・・同じ記事の中で、こんなこと、言われちゃってるけど。

Although she's ( = Ming-Na) in the opening credits, she usually
has about as much dialogue as a corpse.

「オープニングクレジットに名前があるといっても、大抵は”死体並み”の量のセリフしかない」
パラリンピックの話題を見て、そういえばニーラ(ERに10シーズンから登場している期待の若手)のParminder Nagraが出身地イギリスでアテネ五輪の聖火ランナーを務めたはずと思い出し、探してみたら写真があった。ページには、5秒という短さながら(ニュース映像の一部のよう)、彼女が走る姿のビデオのリンクも。

日本のamazonトップページの検索窓から、「DVD」を選ぶ。
そして下の窓にGoranとかGoran Visnjic と入れてサーチ!
すると、出て来るのが・・・

「Goran」検索結果が見つかりません。キーワードに「korean」を含む結果を下に表示します。

・・というメッセージの下に韓国ドラマずらり、というDVDリスト。

(怒)わだしはぁ、韓国ものはぁ、探していない!(/怒)

冬ソナを数回見て、こりゃ自分はダメだとギブアップした。が、韓国ドラマ&ファンの方たちに全然恨みはない。どこの国の作品だろうと、すばらしいもの、面白いものはあるし、カッコいい人もいる。

ただ、この「ブーム」のマスコミの騒ぎ立て方とか、割を食ってアメリカ(などの)ドラマが明らかに冷遇されつつある現状は、正直言ってあまり面白くない。そんな気持ちを見透かすような
この仕打ち(?)!

Korean を探したくてGoranと入力する人・・・いるの?
Yahoo! News

サラ・ギルバートのシーズン11ゲスト出演(9月10日参照)が正式発表された。
a couple of episodes ということは、多くても数話の登場?
Janeという医学生役。

この女優さん、これまで「24」「Will&Grace」「ハイ・フィデリティ」で見たことがあるが
どこかちょっと荒み気味で、何か不満がある!という感じの役ばかり。
今回はどうだろう?
ER9-22 "Kisangani" (「悪夢」)より

ルカ、ジャングルでカーターに「戦争」を語る。

Luka;
You are an American, Carter. You believe that if people are given a chance to convert to democracy, the world will be a better place.
「君はアメリカ人だからね。みんなが民主主義に変われるチャンスが与えられたら、
世界は良くなると思っている」

Carter;
What's the alternative? Military dictatorship(s)?
「他に何がある? 軍事独裁政権か?」

Luka;
You fight wars from the sky with bombs and missiles. Then your
planes land back on the(their?) aircraft carrier and the pilots watch
"Drew Carey" on satellite TV.
「君らは爆弾やミサイルで空から戦うんだ。終わったら戦闘機は空母に帰って、
パイロットたちは衛星テレビで"Drew Carey" を見る」

Carter;
Hey, American soldiers died in Iraq.
「おい、アメリカ兵だってイラクで命を落としている」

Luka;
Yeah, but your children don't starve to death while your men fight.
Your women aren't raped.
「そうだけど、兵士が戦っている間に(アメリカの)子供たちは飢え死にしないし、女性が
レイプされることもない」


「パイロットが帰艦した空母で見るテレビ」とは何かな?と副音声にスイッチすると、
ばっちり"Drew Carey"と番組名が。95年から今年まで足掛け10年放送が
続いた人気コメディ "The Drew Carey Show" のこと。日本でも放送してる(た?)
ようで。

ドリュー・ケリーdeショー(スーパーチャンネル)

まあ「例えば」のハナシとして出した番組名なのだろうが。



「民主主義じゃなければ何がある? 軍事独裁政権?」というカーターの問いかけにも
一理あって、答えは見つからない・・・。  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。