上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のヴェネチア映画祭で最高賞を取った話題作、「ブロークバック・マウンテン」(日本では来春公開予定)に出演したERサムことリンダ・カーデリーニのスチル写真数点がファンサイトに。出番は数分という小さめの役(ウエイトレスだとか)ということだけど、こちらの記事ではその演技が賞賛されている。

また、現地時間の昨日ロサンジェルスでのプレミアに出席したリンダの様子が、Gettyimagesなどの各写真サイトに。


**********

アビーのモーラ・ティアニーのインタビュー記事が、アメリカ(?)の雑誌"Women's Health" の現在発売号に掲載されているとのこと。雑誌のサイトでそのページを覗き見することができる。表紙の写真右の "Take a sneak peek" 矢印を順にクリックした5ページ目。


記事全体をタイプアップしてくれたもの&写真はファンボード(要登録)に。
何事にも動じないアビーと違って自分は心配性だけど、ご主人が正反対で助かっているとか、新作映画("Diggers")に備えてイタリアでの休暇中にもジョギングした、(40歳になり)年齢を重ねることにはキビシイ現実もあるけれど(「肌にハリがなくなってきて、起き抜けにほほについたシーツのシワが一時間半ぐらい取れないとかね」)、結婚生活も幸せだし仕事も順調、今はとてもいい感じ、心配はしていない・・などなど。
スポンサーサイト
NBC ER (→"Featured Video")

放送前日になってようやく12-09"I Do" の予告編が番組公式サイトにアップされた。

(こちらではアメリカバージョン、少し違うカナダバージョン両方を見ることができる)

また、ワーナーの番組"Extra" の先週週末分で「ERのセット訪問」が放送され、パーミンダ・ナーグラ(ニーラ)とシャリフ・アトキンス(ゲスト出演のガラント)がインタビューに応えたりしたそう。その様子のキャプチャがこちらに。昔のERからの映像もたくさん使われたよう。


少し前、スカーレット・ヨハンソンとコリン・ファースの映画「真珠の耳飾りの少女」(03年)を "Gyao" で見た。伝説的な画家フェルメールの物語、静謐な作品だった。

登場人物の中でぶっちぎりにインパクトがあったのがフェルメール(ファース)の妻の母、つまり姑のキャラクター。17世紀が舞台の時代物ということを考慮に入れてもなお、怖い夢を見そうな強烈衣装&ヘアメイク。 そして、あら、どこかで見た顔と思ったら演じていたのはER7~9シーズンに何度も出演したエリザベスの母「イザベル・コーデイ」ことJudy Parfitt 。

これまで数多く登場したERレギュラーキャラクターの家族メンバーの中でも、エリザベスのお母さんはカナリ面白くて大好き。ばりばりイギリス英語に気取った話し方、思わず笑っちゃうほど完璧にイギリス中流階級(のちょっと上)の典型を体現していた。「真珠~」では、その印象はそのままに(ただし舞台はオランダ!)怖さが10倍ぐらいに。楽しませてもらった。

ER出演歴のある俳優は数え切れないほど多く、その人たちの「あれに出てた、ここで見た」な話題を全部フォローしているときりがない。が、今回の「エリザベスママ」のインパクト、記録せずにはいられない!




ルカファン的・"Luby" シーントップ10 (・・・and more)
... 続きを読む
(上、または前頁からの続きです)
... 続きを読む
VarietyFuton Critic (NBCのプレスリリース)

LA Times

Zap2it;
Sort by Total Households, Sort by Viewers

ERは視聴者数で今期2番目の数字を獲得(トップは前回分)。


*******
(余談)
ジーナ・デイビスが「女性初のアメリカ大統領」を演じている "Commander in Chief" がここ数話でどんどん数字を落としている・・・。話題の新番組としてスタートして最近まではトップ10に入っていたのに、今回は20~21位あたり。スティーブン・ボチコーなどと共にこのドラマのエキュゼキュティブ・プロデューサーを務めている Dee Johnson は、00年から03年までERのプロデューサー陣の一員だった人。



映画「エレクトラ」の日本版DVDは来年3月3日に発売。レンタルも同時期に出るかな?

amazonなどによると、ゴランが演じたマーク・ミラー役の日本語吹き替えはERルカと同じ寺杣昌紀さんが担当されたとのこと、ERファンには嬉しい配慮!








~ER10-09 "Missing" より~

昨日BSで再放送分のエピソード。ラスト近く、アビーやガラント&双子の妹(姉かも)たちと行ったバーでの「酔っ払いニーラ」シーンは何度見ても傑作!目がすわっているもの!
アビーが(医学生どうしで採点しあった)自分のテストの結果を早く渡せと催促、ニーラがしぶしぶ返したその点数は・・・

Abby;
Fifty-two?! I got a fifty-two percent?!

「52点?! 私、52点だったの!?」

Neela;
Think of it as half-full.

「”半分”、取ったと考えましょ」
(吹き替え訳・・「半分なら満点です」) 

*******

"(The glass/cup is) half-full" (半分満たされている→半分もある)は、
half-empty(半分からっぽ=半分しかない)との対比でよく使われるたとえ。

半分水などが入ったグラスやコップを "half-full" と表現するか、それとも"half-empty" と表すかに、その人が楽観的か悲観的かが出る、のような。

来年2月あたりに放送分のエピソードに関する「ネタばれ」によると、









15話(?)でカーターが再登場。11シーズンでのレギュラー降板時の予定(契約)どおり、このエピソードを皮切りに今シーズンの計4話にゲスト出演するらしい。エピソードタイトルの "Darfur" (日本語表記では「ダルフール」)は内戦終結後も民族紛争で深刻な状態にあるスーダンの地方の名で、カーターは今回はそこで働いている設定とのこと。

このエピソードは「アフリカオンリー」ではなく、カウンティでもクレメンテが元彼女とその夫がらみでトラブルに巻き込まれたり、他にもプラットなどいくつかのストーリーがあるよう。

(情報はAEBほかから)

カーターのアフリカ物語12シーズンバージョン・・・。
しばらく前にワーナーが発表した「今シーズンのER、まとめ」的なプレスリリース(こちらの中ほどなど)には、シーズン後半にプラットが「昔の同僚のいる海外」へ行くというような内容も含まれていたし、さて。


******

アビーの恩師役でジェームズ・ウッズが登場するエピソード(2月第一週予定の13話?で、タイトル"Body and Soul" ・・・スピード??)はポール・マクレーン(元ロマノ)が演出を務めるというニュースも。4話に続き、今シーズンでは2度目だ。

サムネイルをクリックで拡大版が見られるGettyimagesなどのキーラ・ナイトレイ主演作「高慢と偏見」NYプレミア(10日)の写真に、キャロルだったジュリアナ・マルグリースと現在12シーズンに出演中のイブことクリステン・ジョンストンの仲良しショット。アフターパーティー分でも仲良さげ、ERの現在と昔のナースマネージャー(看護師長)はプライベートでの知り合いなのかもしれない。





============= 

16日、Xbox関連イベントでのERサムことリンダ・カーデリーニ(下左)は、髪が少し短めに。同じイベントにはレイのシェーン・ウエスト(下中)や、アビーの弟役だったトム・エベレット・スコット夫妻の姿も。

マークだったアンソニー・エドワーズは6日、自らが活動に関わるチャリティ団体のイベント(その1)でスピーチをしたりしたよう(下右)。











ER12-08 "Two Ships"

ニーラは救急車に乗り込み外を回る日。
... 続きを読む
ERアビーのMaura Tierneyが北米で昨日放送分のトークショー「エレン・デジェネレス」に登場。ビデオへのリンクが、こちらの下の方にも。



最初から最後まで、最近のER(12シーズン6話)でのチンパンジーとの共演についてしゃべっていて楽しそう。かなりキョーレツな体験だったよう? とても可愛かったという大人と赤ちゃんのチンパンジーたちよりも、2頭に付きそってきて演技指導もするトレーナー/世話係の男性への対応に苦労したとのこと。その人は顔に目立つ傷跡があり、それを見た共演者のジョン・レグイザモがモーラに「あの傷は絶対チンパンジーがらみだぜ("Oh man, you know that scar is chimp-related" )」と言ったとか、せりふを言わなくてはならないのに、トレーナーの人がすぐそばからチンパンジーたちに合図(指示)を叫び続けてくれて大変だったとか。


エピソード中のチンパンジーと一緒のワンシーンでのアビーが、悲しいシーンなのに「これ、絶対必死で笑いをこらえているでしょ」的表情だったのはそういうわけだったのだ。
前回に引き続き、エピソードからのクリップを数本速攻でアップしてくれているのがこちら。感謝感激。

思わずヨダレが・・なルカ分もあり。
ER12-08 "Two Ships" (北米で本日放送)本編から、約6分ぶんものビデオクリップがオンライン版テレビガイドにアップされた。現地で放送されるまで(日本時間明日の正午前後)の時間限定リンクがこちらから。ページ下部のERセクション"watch video" 。または、直接(もう少し長期間見られるはずの)こちら


(↓↓内容について↓↓)

J.ステイモスの救急隊員「ゲイツ」、前回に懲りずにニーラを「スシ」に誘ってるし・・(笑)。
プラットが珍しく「ルカカラー(と勝手に決定)」のシャツを着用。
・・・演技するセリーナ・ウィリアムズ。

==========

アビーのモーラ・ティアニーが出演する、トークショー「エレン」本日分のプロモビデオが番組公式サイトに。"Thursday" の "See the video" 、もしくはダイレクトにこちらから。モーラはほんの一秒ぐらいしか映らないけれど。


(追記);モーラ出演部分のビデオクリップへのリンクが
こちらに書き込まれている(要登録)。

=============

NBC ER "Photos"

NBCのER公式サイトに、新たに一枚だけ写真が追加。
ガラント!12月1日放送分(9話) "I Do" にゲスト出演(ネタバレはこちら)。





Zap2it;
Sort by Total Households, Sort by Viewers

LA Times (ランキングが100位以下まで掲載されている)

ERは順位的には16位と今シーズンの平均的なポジションながら、総視聴者数ではシーズン最高を記録したエピソードとなった。
NBC ER

番組公式サイトに、今週分のエピソード予告編とゲスト出演のジョン・ステイモスのインタビュービデオがアップされた。飛行機事故のセットで話すステイモス、「自分が演じるゲイツというキャラクターは大好きだし、決して妥協せずにまだまだ高い質を保ち続けているERという番組も素晴らしい」とのこと。
TV Guide "Ask Ausiello"

TVガイドのオンライン版に、来年2月(Sweeps)のERにジェームズ・ウッズがゲスト出演予定というニュース。
... 続きを読む
ERのニーラことパーミンダ・ナーグラが昨日、深夜のトーク番組「レイト・レイトショー」に出演。そのビデオをいつものファンサイトがアップしてくれている。ページ中ほど、"Parminder on The Late Late Show" セクションにリンク・・「ダウンロードして自分のPCに保存してから見てください」(右クリックなど)での注意書きあり。

「何かヘンなこと言わないかと緊張してる」と登場した彼女、イギリスの都市レスター出身で、両親の出身地であるインド北部のパンジャビ地方にはまだ行ったことがないけれど、同じインドのカルカッタ(コルカタ)を訪れた時には(インド系ではない)他の撮影クルーと同じぐらいのカルチャーショックを受けたとか、アメリカに来た当初は少し寂しかったこと、今でも世間は自分のことを「ベッカムに恋して」で演じた18歳の「ジェス」でイメージしているけれど、ERのライターたちは自ニーラのキャラクターに自分の性格を反映させてくれたりしてグレイト!などなどと話している。

====

同じファンサイトにアップされている「テレビガイド」誌記事のスキャンもいい感じ。トップページに掲載されている、ジョン・ステイモスがパーミンダに「飛行機事故」の撮影現場でデジカメの液晶画面を見せている写真のほか、事故のセットの俯瞰写真などへのリンクがこちらから。

====

次回ERの放送日である明日には、モーラ・ティアニー(アビー)が昼間のトークショー「エレン」に出演予定。

こちらのリンク、昨日あたりのTWoP掲示板に書き込まれていたもの。

ERのモリス、スコット・グライムズのデビューCDジャケット!
今年発売のセカンドアルバムの写真は見たことがあるけれど(こちらを参照ください)、1989年のこれははじめてだ。すごく貴重、さすがに若い!・・・なぜか笑ってしまう。


ER6シーズンの日本での放送以来、「ルカ」として、そして、ER以外の作品や素顔で登場するトークショー出演のビデオなどでも、ゴランが話す英語をかなり耳にしてきた。

英語を母国語とするファンの人たちをいつもメロメロにしているのが、彼のアクセント(訛り)。
「全体的に東欧出身らしい発音」という以外に、私のつたない「英語耳」(?)でも聞き分けられる特徴がいくつかある。

・ thd に近い音で発音、特に there は「であ」と聞こえる。"overthere" だと「オーヴァーであ」。

・ a を「エ」に近く発音することも多くて、特に "happen" はしょっちゅう「へぷん」のように発音している。昔は "Abby" がほとんど「えびー」だったこともあった。

・ "probably" は真ん中のb をほぼ落とし、「ぷろーぶりー」みたいに発音。

・ v  に近い音で発音されるケースも(特に昔は)多く、上記のa の音の特徴とミックスして、"have" が「へふ」っぽいことが多々。

・ インタビューなどで(せりふではなく)ゴラン自身として話す時は、とにかく"like" (~のような、~みたいな)の使用頻度が高い。外国人の英語では結構よくあるケースだと思う。頭で英語を考えながら話している時には、つなぎとして便利な単語なのだ。しかし、ゴランの多用ぶりはすごいので、彼のアクセントを絶賛するネイティブファンの人たちも多少耳障りなのか「ゴラン!あなたのアクセントはキュートだけど、センテンス全部に"like" を入れるのは直してね」なんて苦情(?)が時々掲示板に書き込まれていたりする。似たような意味の "kind of " や "sort of" も、かなり登場度高し。

・ "actually" も好きなよう。


ER12-07 "The Human Shield"

演出・・・ローラ・イネス(ウィーバー)
... 続きを読む
NBCの朝の番組 "Today" に、本日ゴランが出演。
ホストのマット・ラウアーが世界各地を訪ねるコーナーがクロアチア編だったということで。

ゴランはドブロブニック(有名な観光地のひとつ)の旧市街地をラウアー氏と歩きながらトーク、その中で「来年、多分ERのクロアチアロケがある」と言ったそう。おお~~!、本当?

レポートはこちらなど。

"TODAY" サイトの"Where in the World is Matt Lauer?"ページ にそのうちビデオがアップされそうかな・・と待ってみる。ゴランのパートが含まれていることを期待しつつ!

追記;
 
ストリーミングビデオは直接こちらから。画面に生中継と出ているので、ゴランはクロアチアに里帰り中のよう。



「僕はここ(ドブロブニク)から200マイルほど北の町シベニックの出身なんだ。ドブロブニクのように城壁には囲まれてはいないけど、よく似た町並みだよ。海沿いをドライブして帰るのにちょうどいい距離かな。(ヘアピンカーブとかが多くて恐いけど?との問いに)それがいいんだよ!(笑)」
「ドブロブニクには、(サマーフェスティバルで)ハムレットを演じるために初めて来た。7年間毎夏続いた素晴らしい経験だった。最初の年はまだ内戦中で、空港が爆撃されていて予定通り着陸できなかったことも何度かあったかな。町はがらがらで、クロアチア以外からの観光客も全然いなかった」
「内戦中、ドブロブニクは戦略的な重要性もなく前線からも遠く離れていたのに爆撃された。それにはみんな怒っているね。でももう昔のことだし、もちろん忘れはしないけどあまり考えないようにしている。今はこの町や国を世界の人々に見てもらいたいんだ。休暇を過ごすのに素晴らしい場所だし、とても誇りに思っているよ」
「出身地(シベニック)では、僕は”一般人”として過ごせるから楽だよ。みんな僕を知ってるし両親も住んでいるし。多分来年そこでERを撮影するから、楽しみだ。ドブロブニクにはしょっちゅう来るわけではないから今みたいに人に囲まれたりもするけど、あと五日もここにいれば、こんな状況はなくなるね。”ああ、ゴランがまた来てるんだな”って、それだけだよ(笑)」

AEB に、現地時間で昨夜放送の12シーズン7話のラストシーン(ルカとアビー)のビデオクリップへのリンクが張られている(2箇所)。おまけで、ルカ&クレメンテのシーン分も。速攻でアップしてくれた「TC」さんに大感謝!!!
... 続きを読む
いよいよ11月Sweepsで番組の宣伝にも力が入るということで、ERのキャストが何度かトークショーに出るよう。

クレメンテのジョン・レグイザモが先陣を切って昨夜の「レイト・レイトショー」に登場、ERの撮影でアキレス腱を痛めた(!)と、杖をついていたとのこと。

モーラ・ティアニー(アビ-)やパーミンダ・ナーグラ(ニーラ)にも同種の番組に登場の出演の予定あり。


First Coast News

プラットのMekhi Phifer、クレメンテのジョン・レグイザモが答える7日付インタビュー映像が上の記事の"video" リンク、もしくは直接こちらから。以前、ゴラン(ルカ)&リンダ(サム)をインタビューしていたのと同じ、フロリダのローカル局のニュース番組内でのもの。

ゴランたちの時と同じ女性キャスター、またしても「あなたの苗字ってどう発音するの?」ネタ(今回はレグイザモ)からスタート(苦笑)。

ゴラン&リンダが質問に大体きちんと答えていたのに比べ、今回の二人組は、ふざけたりはぐらかしたりと遊んでいるのが面白い。「僕は"foreplay" がうまいんだ」そうで(笑)、「プラットの父子ストーリーはこれからどうなるの?」に対して「教えないよ~。番組見てくれなきゃ。・・まだ終わってはいないけどね」とか、「(ER以外で)何か新しいプロジェクトは?」に「いつでもいろいろやってる」などなど、全然具体的なコトを教えないMekhi、そして「今週のエピソードは? また新しいゲストが登場するんですって?(ジョン・ステイモスを指す)」と聞かれて「今回はこれまでで一番タフだった。小さな女の子の治療を巡ってコヴァッチと自分が対立するんだ・・」と「ゲスト」に関してはまるで無視した答えのレグイザモ・・・。二人がふざけあっていたりするのも楽しい。
本日NHKハイビジョンで再放送分だったER6-12「医学生アビ-」は、現在ではERをしょって立つ主要キャラクターとなったアビ-がレギュラー入りしたエピソード。彼女とルーシーが本格的に共演した唯一の機会であるラストシーン(ルーシーが担当したホームレスの患者の遺言で、屋上からお金をまく)がとても好き。

この回からルーシーの降板(・・涙・・)までが、ER史上オープニングクレジットに「レギュラー」として登場したキャストの人数が最も多かった時期だと思う。

登場順にマーク、カーター、キャロル、ウィ-バー、エリザベス、ルーシー、ロマノ、ルカ、アビ-、クレオ、マルッチ、チェン、そしてベントンで13人

12人だと、アビーが入る直前の2話(チェン復帰から)、サムが加入してロマノ降板までの10シーズン、マルッチとスーザンがたった一話だけオープニングで一緒だった8シーズン4話など何度か。
12-12のネタばれ(まだ数行分だけ)の中で、ルカファンとして気になるのはやはり、
... 続きを読む
ER12-06 "Dream House"
... 続きを読む
eBay

オークションサイトに出品されているカーターことノア・ワイリーが所有していた1960年製の車(売り上げは赤十字に寄付)。一ヶ月ほど前、トークショー「エレン」に出演した際に話題にしていた、ジョージ・クルーニー(ダグ)から譲り受けたというもの。

出品ページには、「クルーニーが1985年に自分へのプレゼントとして購入し、10年ほど大切に乗った後、ERの同僚ノアに譲った・・」と説明がある。

「ネタバレ」によると、ER12シーズン11話での会話で、アビーの年齢は38歳だということが出てくるそうだ。放送されるまではその内容が完成版のエピソードに含まれるかは分からないので、百パーセント確実とは言えないけれど。

「38歳」なのは今年の(ER時間も現実と同じ2005年と仮定)クリスマスごろ。そして、8シーズン11話「暗い誕生日」で彼女の誕生日は「1月10日」とわかっているので、引き算すると・・・。

アビーこと、アビゲイル・マージョリー・ロックハート(Abigail Marjorie Lockhart)、旧姓ワイゼンスキー(Wyczenski)さんの正確な生年月日は1967年1月10日、になるのかな。

追記:実際のエピソードでは一歳若くして「37歳」と言っていた。・・・ので、アビーの誕生日は1968年1月10日?

=======

他に生年月日がはっきりしているキャラクターにはカーターがいる。
「1970年6月4日」生まれ、とファーストシーズン20話で本人が言う場面あり(6月4日はノア・ワイリー自身の誕生日、ただしノアは71年生まれ)。

マークは8シーズンで亡くなった時に「38歳」だったとスーザンが言っていた。



↓(追記)↓

=======

ルカの年齢、それはERの「あまり深く突っ込まないで」カテゴリーに属するネタ(と勝手に推測)。ファンの間でも昔からよく話題になっていた。

「クロアチアが内戦状態だった当時、ブコバル(都市)でインターンをしていて逃げ遅れ、家族を失った」と彼は第7シーズン15話でスチュワート神父に悲しい過去を語っていた。

ブコバルでの戦闘で多くの命が失われたのは1991年ごろのこと。その時点でに既にインターンだった(=医学校を卒業してドクターになっていた)ということは、どんなに若くても20代半ばだったはず(既に結婚し、少なくとも4歳にはなっている娘と下に息子もいた)。とすると、99年にERに加わった頃で30代半ば、そして2005年の現在は40歳を越えていてもおかしくない計算に。アメリカに渡ってから現地のドクターの資格を取るにもある程度の時間は必要だったはずで、それでも、助っ人ドクター時代を経てカウンティに正式採用された地位は初めからスタッフドクターだった事実も「中年ルカ」説(笑)を裏付ける。ゴランは下手すると実年齢(現在33歳)より10歳近く上の役を演じていることになるのだ。

まあでも、そんな「重箱の隅つつき」は興ざめだし意味もあまりないし・・ということで、”今後もルカの年齢がERで触れられることはない” 賭けに、千円!

======

キャロルは高校を卒業したのが1985年、と第3シーズン(3話)で言っていたので、1967年生まれぐらい(アビーと同じだ)? そして、同じシーズンの21話では彼女の誕生パーティーがあり、アメリカでのエピソード放送日程からすると4月か5月が誕生日になるのかな。

サムの年齢はアレックスを16歳で産んだという設定から推定。
→ 追記:13シーズン18話で「28歳」のバースデーを迎える

追記:ニーラは14シーズン15話で「31歳」になる。

========

ロマノについては、ふみさとさんがコメント欄で教えてくださいました。ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。