上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NBC ER "Photos"
NBC ER トップページ

これまではトップページからのリンクをクリックしても「近日登場!」のメッセージが出ていたNBCのER公式サイト内の「写真」ページがようやくオープン。サリー・フィールドのスチルに、完成版エピソードからはカットされたはずのシーンのものがたくさん含まれているのがおもしろいというか、ゆるいというか・・「せっかくの大物ゲスト分、もったいないから出しちゃえ」って感じ?

写真はこのセクションのほか、各エピソードのストーリーが読める "episodes" コーナー(こちら)にも別バージョン(クオリティが少し低い)の数々がアップされている。

それにしても、13シーズンのキャスト集合写真がいまだに公開されないのはなぜ?
スポンサーサイト
何度か登場しているアビーのバスルーム。下は9シーズン20話から。
br920.jpg




... 続きを読む
ER13シーズン11話では・・
... 続きを読む
LA Times


ER13-05 "Ames v. Kovac" 分を含むアメリカの週間視聴率ランキング。

今回、ERと「裏番組」 "Shark" がともに視聴者数を1,300万人台に落としているのは、ランキング9位に入っている大リーグのナショナルリーグ優勝決定シリーズ(NLCS)が同時間帯に放送された影響を受けたもの。
... 続きを読む
watlasalle.jpg


ERのベントン役だったエリク・ラ・サルが、北米で29日放送の "Without A Trace" (「FBI 失踪者を追え!」)にハリケーン・カトリーナに大きな影響を受けた後失踪する家族思いの男性役でゲスト出演。この回は番組開始から第百回の記念エピソードということで、他にもマイケル・ビーチ(ERでジーニーの元夫アル・ブレ役、そして「サード・ウォッチ」のドク)やリサ・ゲイ・ハミルトン(「ザ・プラクティス」など。ERにも12シーズンのクリスマスエピソードに出演)の豪華なゲスト陣が登場するよう。

現在、エピソードの予告編をCBSの番組サイトで視聴できる。こちらのビデオページ左側のリストからオレンジ色の文字 "Without A Trace" を選択し、現れる一覧から "Next on Without A Trace " → watch now と進む。

ちょうど一年前にはコーデイだったアレックス・キングストンも出ていた(過去記事)「FBI~」、NHKBSでの本国から3年遅れ放送が無事続いて、これらのエピソードを見られる日が来ますように!

=======

(追記):
TV Guide サイト にはエピソードスチル。ゲスト出演で一人だけの写真、結構「大物」な扱いでは? ハリケーン当時の回想シーンと思われるこの写真、子どもの顔が見えないこともあり、ベントンとリースちゃんに見えてしまう!

watstill.jpg

KP1.jpg


TV Guide "Ausiello Report"

ER13シーズン10話あたりで登場する予定の新しい(男性)看護師ベン役にキップ・パルデュー ( Kip Pardue - IMDb )が決定したとのニュース。パルデューは76年生まれ、主な出演作に「タイタンズを忘れない」など。また、ERレイ役シェーン・ウエストの「学園天国」(2000年)にも出ている。

「ダークな髪(&濃い顔)のヴィシュニッチ(ルカ)やステイモス(ゲイツ)と差別化するため、『色素薄い系(←意訳!)』の俳優がキャスティングされる予定」などと報道されていたとおりのルックスの持ち主。俳優になる前はアバクロなどのモデルとして活躍していたのだとか。

... 続きを読む
(ストーリー展開とはあまり関係のない13シーズンからの「トリビア」です)

... 続きを読む
13419.jpgNBCUMV / 大きめサイズ

フォレスト・ウィテカー演じる「エイムス」(元患者)とアビーの写真2枚がNBCサイトに追加。13シーズン7話 "Jigsaw" から。

... 続きを読む
クリント・イーストウッドが監督、先日開幕した東京国際映画祭のオープニング作品として上映されてニュースでも取り上げられるなど、話題となっている第二次大戦末期が舞台の「硫黄島二部作」でアメリカ側を描く「父親たちの星条旗」

この作品にはER10,11シーズンでサムの息子アレックスを演じたオリバー・デイビスIMDb )が出演しているとのこと。 " Young James Bradley" という役名から、今回キャストとともに来日した作品の原作者ジェームズ・ブラッドリー氏自身の少年時代役ということが分かる(ライアン・フィリップ演じる主役の兵士のうち一人の息子)。

ただし「小さな役」とのことで、ワンシーン、セリフなし・・みたいな登場の可能性も大いにありそう。劇場で鑑賞される方、目を凝らしてチェックしてみてください!(整ったルックスと達者な演技で将来なかなか楽しみだな~と思っていたオリバーくんだけど、今のところこれ以降の新作ニュースは聞こえてこない)。


関連ニュース記事:
エイガ・ドットコムシネマトゥデイ など
ER13-05 " Ames v. Kovac "

... 続きを読む
103109.jpg10310.jpg NBCUMV特大サイズバージョン

NBCのサイトにER13-06 "Heart of the Matter" からの写真計6枚が追加された。ルカ(と元患者エイムス)、ニーラなど。

... 続きを読む
gmm.jpg


先週木曜日にゴランが出演したトークショー「メーガン・ムラリー」の動画がストリーミングでこちら(ただし、最後の数分はカット)、そして全体の保存用がこちらから。今回は見られないかもと思っていたのでとても嬉しい! アップロードしてくださった方に感謝~!


こういったインタビューなどでの「素」のゴランを見ると、実は明るくて「気のいい兄ちゃん」的キャラ、ERのルカとは全く違う人なんだということがよく分かる。本当にチャーミング。饒舌だし! 言いたいことがたくさんあるのに、英語が追いつかない・・みたいな場面がたびたびあるのもまた、カワイくて。今後もこういった場にどんどん出てくれたら嬉しい。


... 続きを読む
LA Times

ER13-04 "Parenthood" 分を含む週間視聴率ランキングの確定。今回18位のERの視聴者総数は、前回から微減といったところ。裏番組 "Shark" をかろうじてかわしたものの、差は先週より詰まっている。
... 続きを読む
ameskovac.jpg

ER13-05 "Ames v. Kovac" 関連の充実のビデオクリップが、北米での放送を前にTV.comにアップされた。数日前にTV Guide誌サイトに掲載されたものと、今回が初お目見え?の撮影風景やエピソードからのシーンなど。
... 続きを読む
jmnw.jpg


LA Daily Newsなど


映画界に貢献した人物に贈られる今年の「アメリカン・シネマティック・アワード(American Cinematheque Award)」を受賞したジョージ・クルーニー。ジュリア・ロバーツがプレゼンターをつとめて13日にロサンジェルスのホテルで行われた授賞式には、ジュリアナ・マルグリースノア・ワイリーも出席、壇上でお祝いのスピーチをしたのだとか。ER黄金時代のミニ同窓会状態!

授賞式でのクルーニー写真
式の出席者たち

クルーニー自身のスピーチには「俳優として成功するには才能や確固たる意思も必要だが、自分には”運”が一番重要な要因だったと思う。もしもERが木曜ではなく金曜夜の放送だったら、今の自分はないだろう」という部分も。
12日の木曜日、トークショー「メーガン・ムラリー」に出演したゴラン。登場時間は計10分以上あってなかなか充実の内容だったのだとか。ERとの契約の話題は出ず、素晴らしいゲストスターたちとの共演経験やテレビは舞台より感情を表現するのが難しいこと、ふるさとの話、「ブルーエンジェルズ」(米海軍の飛行隊)体験飛行のこと(・・かなり前の話で - 写真 - これまでも散々いろいろなところで話しているネタ!)などなどの話題が出たとのこと。そして、CM後は特技のフェンシングを司会のメーガンに教える楽しい場面だったとか。

スクリーンキャプチャの例:
その1
その2-フェンシング!

白い半そでシャツ・・季節感に欠けるファッションで(笑)。腕時計がいつものCasio?シチズンのデジタルモノではないのもチェック!(こちらなど)

(追記)
そういえば、番組司会のメーガン・ムラリーとゴランは、05年一月のゴールデン・グローブ賞授賞式でプレゼンターとして一緒に「テレビ番組・コメディ主演男優賞部門」を発表したのだった(過去記事)。今回はその時以来の再会だったのかな?

=====

親切な方のおかげで、ゴランがゲストで登場し、先日放送されたというクロアチアのコメディ番組(関連過去記事)のシーンを見ることができる。こちらからダウンロード可能(ただし、おそらくあと数日で期限切れに)。ホントーに「カメオ出演」だけど、とにかく見られたことがありがたく。感謝感謝!

=====

イタリア・ミラノの名所、ドゥオモ(大聖堂)そばの美しいアーケード「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエル二世」に展示されているゴランほか有名人のポートレートは、ロンドンで夏にスタートした乳がん啓蒙キャンペーンの写真展(関連過去記事)。確か世界各地を周る予定のこの展覧会、そのうち東京あたりにも来るかも?

MilanoBF.jpg(←クリックで拡大します)(24Sataより)

TV Guide ER

ER13-05 "Ames v. Kovac" 関連のビデオクリップが数点、TVガイド誌のサイトに登場(早いっ!)。エピソードからのシーン、そしてゴラン・ヴィシュニッチ(ルカ)、ローラ・イネス(ウィーバー)、メカーイ・ファイファー(プラット)とゲストのフォレスト・ウィテカーのインタビュー。
ER13-04 "Parenthood"

... 続きを読む
NYタイムズ 
(→ 掲載半日でログインが必要に。同じ記事がこちらでも読める)

今日付けのニューヨークタイムズ紙記事、ひじょ~~~に興味深い内容が掲載されている。

アメリカで現在第3話まで放送済みのER13シーズンの今後のスケジュールが、シーズン前に発表された予定から変更されるらしい。

当初の予定ではシーズンが前・後半に分けられ、9月から12月までと3月から5月までにそれぞれ一気に連続して(再放送をはさまず)新エピソードを放送、そして1月から3月の「中休み」期間には別の新ドラマがERの時間枠で放送される・・はずだった。

が、13シーズンここまでの視聴率が好調なためそのプランは見直され、「中休み期間に別作品」案は破棄、ERは例年通り時折再放送をはさみながら春まで断続的に放送という形に変更されるらしい。NBCのライリー氏によると、「ERは春まで現在の時間帯を離れず、最低22話を放送することになる」とのことで、視聴率が下がる再放送の回数抑えるため、例年の22話より2~3話分多いエピソードが製作されるかもしれないと記事は示唆している。

さらに、番組プロデューサー・ゼイベル氏の電話でのコメントとして、来年放送開始の第14シーズンで終了する予定だった番組の更なる延長の可能性にも触れている。

記事の中ほどは厳しい条件の元でいかに今季のERが健闘しているか、との説明。そして後半では現在のキャストがオリジナルから全て入れ替わっていることも、実は番組が勢いを取り戻すのに有利に働いているのかも(「若いファンは番組スタート当時のことは知らないだろう」)、とのゼイベル氏のコメントが、なるほど、そういう考え方もありなのか・・とおもしろい。

=====

このブログ内での関連過去記事:
ER13シーズンは変則スケジュールでの放送に(5月15日)

=====

わ~~~・・・。15シーズンがあるかもしれない??!!
・・・どうリアクションすべき???

それほど飛躍的に数字が伸びているようにも見えないし、まだたった3エピソードが終わっただけのシーズン序盤。しかしそれでも業界的には「大健闘」ということで、ERの底力、侮りがたし?

LA Times

ER13-03 " Somebody to Love " 分を含む週間視聴率ランキングの確定。16位のERは前回より順位・視聴者数とも持ち直し、裏番組 "Shark" を抜き返して時間帯一位を確保。

... 続きを読む
... 続きを読む
wcbas.jpgBusinesswireUPI など

北米で今年2月に放送されたER12シーズン13話 "Body and Soul" の劇中で、ゲスト出演のジェームズ・ウッズが演じた難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者役が使用していた最先端の車椅子(写真上)が、新しいオーナーの手に渡ることになったというニュース記事。

ウッズやERのキャストたちがサインしたという車椅子は製作メーカーが寄付したもので、ALS関連のチャリティ団体 The ALS Association によってオンラインのチャリティオークションにかけられ、2004年にこの病気と診断されたネブラスカ州在住の女性の方が競り落としたそう。番組で使用されたこのような「小道具」がその後無駄にならずに実際の患者さんに使われる・・素晴らしいことだと思う。

車椅子に乗ったジェームズ・ウッズ、アビー役モーラ・ティアニーらが登場するこのエピソードの撮影風景のビデオクリップを、ユーチューブのこちらで見ることができる。野球帽姿で指示を出しているのは、この回を演出したポール・マクレーン(元・ロマノ)!

avk.jpg NBCUMV / 見やすい大きめバージョン

NBCサイトに掲載された13シーズン5話からの写真計5枚には、ゲスト出演フォレスト・ウィテカーやルカの姿。仮題かなと思っていたらそのままだった "Ames vs Kovac " がエピソードタイトル。過去にアビーやカーター分は複数回あったけれど、" Kovac" と、ルカの名前がタイトルに入っているのはこれが初めて(Amesは患者の名)!
見落としていたジョン・ステイモスのインタビュービデオ2点:

WRCB TV
ExtraTV
thevine.jpg


harunaさんにいち早くお知らせいただいた E!Onlineサイトの最新インタビュービデオに、ジョン・ステイモス、ゴラン・ヴィシュニッチ、そしてリンダ・カーデリーニが登場。こちらのページ中ほどのステイモス写真下のリンク、または直接こちらから。

... 続きを読む
ER13-03 "Somebody to Love"
... 続きを読む
IFAW・アニマルアクションウィーク2006

冒頭にゴランが登場する、主に子供向けの「アザラシについて学ぼう」教育ビデオを、彼が熱心にサポートしている動物保護団体IFAW ( International Fund for Animal Welfare - 国際動物福祉基金)のサイトで視聴できる(ページ下部、"Watch the AAW Video Online" のリンクからプレイヤーと回線速度(High または Medium Bandwidth)を選んでクリック)。ゴランの出番は「アザラシは素晴らしい動物です。でも私たち人間のせいで危機に瀕しているんです・・」みたいなことを語りかける数十秒、 ”マニアックなファン限定” でご了承ください(笑)。

ifawseal.jpg



======

来週、「メーガン・ムラリーショー」(シットコム「ウィル&グレイス」のカレンだったメーガン・ムラリーがスタートさせたばかりのトークショー番組。オフィシャルサイト)に出る予定との情報もあり、実現するとすれば単独でのスタジオインタビュー登場は久しぶりなので、楽しみ!

TV.com (ER Videos)

ER13-03 "Somebody to Love" からのシーンのビデオ(TVガイドサイトに掲載されたもの以外のシーンあり)に加えて、ゲストスターのジョン・マホーニー、そしてパーミンダ・ナーグラ(ニーラ)とジョン・ステイモス(ゲイツ)のインタビューと "Behind The Scenes"(撮影風景)のビデオクリップが新しく公開されているのが上のページ。

同じNBCでERより一年早くスタートし、2004年まで11シーズン続いた人気コメディ「フレイジャー」での主人公の父親役で知られるジョン・マホーニーのインタビューは6分以上の充実したもの。ERのベントン役だったエリック・ラ・サルとはそれより前にテレビで共演したこともある友人同士で、ある日のランチの席で「今度ERという番組に出るんだ」とラ・サルに聞かされたことを覚えているのだとか。

LA Times

ER13-02 "Graduation Day" は13-01から順位・数字を落とす結果に。シーズン第2話がプレミアよりも落ちる番組は珍しくないものの、視聴者数では裏番組 "Shark" に早くも抜かれている(一応、「重要視される18-49歳の視聴者年齢層では上回った」よう)。

... 続きを読む
TV Guide "ER"

TVガイド誌サイトに今週放送のER13シーズン3話 "Somebody to Love" からのおよそ4分の「先取り」ビデオクリップがアップされている。ページ右側のビデオプレイヤーから。

老いたドラッグクイーン役でこの回にゲスト出演するジョン・マホーニー(「そりゃないぜ?!フレイジャー」)のシーンを集めたもの。ゲイツ(ジョン・ステイモス)もドクターとして登場している。

stlmahoney.jpg


**マホーニーのパートナー(患者)役は、アルバート・ホール??

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。