上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OK! Magazine

ERプラットことメカーイ(メキー)・ファイファー(Mekhi Phifer)が先日バケーション中のメキシコでガールフレンドのOni Souratha さんにプロポーズし、婚約したそう。贈られたリングは2.65カラットのダイヤ(5万ドル相当)という宝飾店オーナーのコメントも。おめでとうございます! どうぞお幸せに。

下は今月17日撮影の写真で、男の子は前の奥様との間の息子さん Omikayeくん。

742892.jpg

スポンサーサイト
ER12-09「信じること」("I Do" )から

-----------------------------------------------

英語のエピソードタイトル "I Do" は、即座に結婚式を連想する決まり文句。式を司る聖職者からの「健やかなる時も病める時も・・・この相手を生涯愛すると誓いますか?」の質問に、新郎新婦それぞれが "I do" (「誓います」)と答える。

今回はガラントとニーラの結婚式エピソードなので、タイトルは当然そこに由来するのかと思いきや、そう簡単に直球は来ないのがER。結婚「式」は二人が急ごしらえの会場に入場してきたところまでで "I do" のシーンは含まれていなかった。

このフレーズを使ったのはもう一組の「焼けぼっくいに火」「元サヤ」カップルだった。
... 続きを読む
ER12-09 「信じること」("I Do")

音楽:
「コパカバーナ」by バリー・マニロウ
・・・ガラント&ニーラの結婚パーティBGM、ルカの鼻歌

" Can't Smile Without You "(「 涙色の微笑み」)by バリー・マニロウ
・・・結婚パーティーのBGMもう一曲

(そういえば、ニーラがイラクのガラントに慰問品を送る回で「マイケルはバリー・マニロウに弱いの」と言ってアビーにからかわれていた)

============

... 続きを読む
Conan - Bellybuttons (YouTube)

10日ほど前、アメリカでのER13シーズン最終回放送を前にゲイツ役ジョン・ステイモスが出演した(予定されていたゲストが直前にケガをしたため急遽出たものだと思う)深夜のトークショー「コナン・オブライエン」の一部が、番組を放送するNBCが提供したお墨付き動画としてYouTubeで公開されている。閲覧回数が既に30万回近くと大人気なよう。

「(セクシー供給目的で)シャツを脱ぐ(写真など)のに乗り気になれないのには理由があって。子供の頃のヘルニア手術が原因で、僕のヘソはチョー変なんだよ。まるで小さな”鼻”みたいな形で、とにかくヒサンなんだ」と話すステイモスに、ホストのコナン・オブライエンが「聞いたからには見せてもらわないと」。そして「比較のため」と、コナンとその日もう一人のゲストでスタジオに残っていたトム・セレック、そしてステイモスの3人が順にシャツをめくって・・というもの。公開収録の会場は大盛り上がり!

・・確かにとても個性的なおヘソで!
Radio Eldorado

ERのプロモーションで(?)先週アルゼンチンを訪れたゴランがブラジルのラジオ局の取材に応じた短いサウンドクリップを、その局のサイトで聞くことができる。

ゴランは「何より必要なのは運の良さ。『ウェルカム・トゥ・サラエボ』という国際的(に注目された)な作品に出演していなければ自分がアメリカに来ることはなかった。何の経歴もない俳優がアメリカでゼロからスタートするのは困難だと思う。そしてそこでやっていこうとすればやはり言葉(英語)が大切だし、文化なども尊重してうまくコミュニケーションが取れるようにしないとね・・」というようなことを話している。「俳優としてアメリカで成功する秘訣は?」みたいな質問に対する答えかな? 

eldorado.jpg

Variety など

ERニーラ役のパーミンダ・ナーグラが " Fallen Hero " と題された映画に出演するとのこと。主演はテレビ「LOST」のサイード役などで知られるナヴィーン・アンドリュースで、長年を過ごした戦場での悪夢に苦しむ元兵士がふるさとインドで人生を取り戻そうとする、というストーリーだそう。詳細ははっきりしないものの、パーミンダはその相手役的役どころ? いずれもインド系のイギリス人で、現在アメリカのテレビで活躍する二人が共演の作品ということになる。

====

パーミンダはまた、今月16日に発表されたアメリカで活躍するアジア人/系の俳優やその出演作を対象とした今年の "AZN Asian Excellence Awards" (アジア系向けのアメリカのケーブルテレビ局AZNが主催)で、「グレイズ・アナトミー」のサンドラ・オーや「LOST」のキム・ユンジンらの候補の中から見事テレビ部門の最優秀女優賞を授賞している。


PR Newswire ほか

賞のオフィシャルサイトにアクセスで自動再生される動画(テレビ放送の予告編)には、名前を呼ばれて壇上に向かう姿が一瞬。

pnazn.jpg

【12、13シーズンの画像を含みます】

先日NHKBS2で放送されたER12シーズン8話「救出」のラストシーンで、ガラントが降りてきたタクシーは・・。
c1208.jpg


... 続きを読む
LA Times

ER第13シーズン最終回(23話) "The Honeymoon is Over" 分を含むアメリカの週間視聴率ランキング。


... 続きを読む
bms2.jpg

bms3.jpg


ゴランが UNKLE というイギリスのバンドの新曲ビデオに出演。曲のタイトルは "Burn My Shadow" (6月発売のアルバム "War Stores" に収録)。

ダークな曲に乗り、スタートからラストまで一人芝居状態での熱演ぶりは・・

ユーチューブ
高画質バージョン(クイックタイム形式)

などで。

シュールな内容はややビミョー? (ゴランが演じる役と言えばのお約束で、また●●●●し!) 「胸毛見せサービス」を提供してくれていて、NHKで12シーズン8話を見たばかりの身としてはちょっと笑えたりもする。

ゴランがミュージシャンのビデオに出るのはマドンナの 「パワー・オブ・グッバイ」 以来約9年ぶりのこと。今回の出演の経緯は一体??
TV Guide "Ask Ausiello"

TV Guide誌サイトの週刊ネタバレコラムにレイ、ニーラ関連のERのエントリが2件。

(以下、ネタバレを含みます)
... 続きを読む
ER12-08 「救出」より

~ゲイツとレイがそれぞれ自分がつけたニックネームでニーラを呼ぶ~

Gates:
Yo, Mayday.

「おい、メーデー

Neela:
Dr. Rasgotra will be fine.

「ドクター・ラスゴートラでいいわ」

Gates:
I'm gonna restock, Mayday.

「備品を補充してくるよ、メーデー

Neela:
Thanks.
「どうも」

Ray(入れ替わりにやって来た):
Nice jacket, roomie. ...Or can I still call you that?

「いいジャケットじゃん、ルーミー。・・ってまだ呼んでいいんだっけ?」

Neela:
As long as you don't call me Mayday, you can call me whatever you like.

「メーデー以外だったら何とでも好きに呼んでいいわ」

********

ゲイツはなぜかニーラを「メーデー(Mayday)」と呼ぶことに決めたようで。理由や由来は特に明かされていないと思う。Mayday はもともとは船や飛行機の用語で「救難信号」。遭難時に「メーデー、メーデー・・」と状況を知らせ、助けを求める。

レイは以前からニーラを roomie (ルームメイト)と呼んでいて、彼女はそれを嫌がっていたのに(下)、「メイデイ」よりはマシと感じたよう? 吹き替えでは Maydayはそのまま「メーデー」、roomie は「ダチ」(・・って・・・)とされていた。

~前回12-07ラスト近くの二人のやり取り。ガラントの休暇が予定より遅れたので、予約した店に一緒に行かない?とレイを誘ったニーラに~

Ray:
Wow, I like the way you think, roomie. Your treat, right?

「お前の考え方いいね~、ルーミー。そっちのおごりだろ?」

Neela:
As long as you stop calling me that.

「その呼ぶのをやめてさえくれればね」


**********************************************

~飛行機事故の現場で、負傷したゲイツの様子をチェックしたニーラ~

Neela:
It's his liver. Scoop and run
.
「肝臓だわ。すぐに運んで

********

scoop and run・・・「すくい上げて、走れ」(←直訳)。重症・重傷の患者を即刻医療施設に搬送する、という意味で広く医療関係で使われているらしいイディオム。この後、ER13シーズン第9話のエピソードタイトルにもなった。

**********************************************

~事故現場で煙を吸ったのに一人で家に帰ると言い張るニーラを心配し、ERに残らせるか自分が付き添うかしようと説得しているアビー~

Abby:
OK. Is there anything, anything I can say to get you to stay?

「あなたを引き止めるにはこれを言えばいいってこと、ある?」

Neela:
No.
「ない」

Abby:
I slept with Luka!

「私、ルカと寝た!」

Neela:
Yeah, nice try.

「ナイス・トライ」
(吹き替え「おめでとう」)



********

直訳すると「いい挑戦」の "nice try" 。チャレンジして失敗したことに対して「惜しかったね」「その努力はよかったよ」と相手を励ましたり慰めたり、また、この場面のように皮肉を含んだニュアンスでも使われる。アビーは本当のことを言っているのに、自分の気を引くためのでっちあげたと思って全く相手にしなかったニーラさん。

**********************************************

~事故とERで二度も命拾いをした患者。これからは好きに生きる、婚約も解消すると言うのでルカが「相手とよく話し合ったほうがいいんじゃないか?」と言うと・・・~

Baxter (patient)
Screw that. Screw it! No more messing with could’ve, should’ve, would’ve. Carpe diem!

「そんなのクソ食らえだ。これ以上『(あの時)ああもできた、こうもできた、ああすべきだったかも・・』とグダグダするのはやめだ。『今を楽しめ!』だよ」
(吹き替え:「誰がするか。決めたよ。これからは好きなように生きる。自分の人生だ」)

********

carpe diem ・・・ラテン語のフレーズ。「現在を楽しめ、今を楽しめ、現在の機会を捕らえよ」

7g273288.jpg

手間も費用も映画並みにかかっていそうな大掛かりな飛行機事故現場のセットの「昼間」の様子:
その1 その2 その3 その4

飛行機墜落の現場で子供を心配して自宅アパートに戻り、ニーラ&ゲイツが追いかけた女性(結局助からなかった人)役はテニスのウィリアムズ姉妹の妹セリーナ(セレナ)・ウィリアムズ。
演技の打ち合わせ中の写真

(いずれもGettyImagesから)

----

事故現場セットでのP.ナーグラのコメントなどを含む番組PRビデオ@NBC

-----

エピソードの原題 "Two Ships(二艘の船)"について、過去記事からコピー&ペースト(このエピソードでのルカ&アビーを指している? あとはこじつけると飛行機二機とか?) ↓↓

エピソードタイトルの"Two Ships" と聞くと、英語圏の人たちは "Ships that pass in the night..." というフレーズを連想するらしい。Henry Wadsworth Longfellow の詩(?)(→原文)が出典、示唆するところはこれで、「暗闇の中をすれ違いながら交信する二隻の船のように、出会い、そして短くも濃密な時間を過ごすが、別れてからは二度と会うことはない(二人)」。

===========

... 続きを読む
66b8252.jpg 先週、4日間ほどアルゼンチンを訪れていたというゴランがブエノスアイレスのホテルで応じたインタビューなどが現地のメディアに。

Pagina 12 (1)(2)(3)
LA NACION

アルゼンチン?目的は?と思ったけれど、インタビュー記事のスペイン語が再度英訳されたものなどを見るとERのプロモーションだったのかも(ラテンアメリカ各国で番組の人気は結構高いよう)。

「~と言われている」とか「噂では」ではなく、ゴラン本人が直接応じたインタビューであることがはっきりしているのが嬉しい "Pagina12" の一ページ目の完璧な英訳がこちら。訳してくださった方に感謝、感謝!

とても興味深い内容が多く含まれている中からかいつまむと・・・
(以下、ネタバレ気味?も含みます)
... 続きを読む
2007.05.20 Index 
ER13-23 "The Honeymoon is Over"

シーズンフィナーレ。
... 続きを読む
Digital Animators ほか

アメリカのネットワークテレビ局各局が秋からの番組表を発表する「アップフロント」イベント4日目だったFOX。来年一月放送開始の新ドラマとして、キャロルだったジュリアナ・マルグリース(Julianna Margulies)がER以来久しぶりにテレビのドラマシリーズに復帰する主演作 "Canterbury's Law" の名前が見える。「CSI」「グレイズ・アナトミー」と同じ木曜9時枠で、条件的には相当タフかも? Good luck! (下は「アップフロント」でのジュリアナ)

j140500.jpg



一方、パイロット版出演がER降板(?)と何か関係があったの?というレイのシェーン・ウェスト出演ドラマ(タイトルは "Supreme Courtships" だった)は本放送には至らず、幻の作品に。


-------

Zap2it など

水曜日に発表されたCBSの新スケジュールでは、"Without A Trace" (「FBI 失踪者を追え!」)と "Shark" の放送時間がスイッチし、"WAT" が木曜10時に復帰。昨年までずっとこの時間帯で放送され「ERの裏番組」だったものが今シーズンは日曜日に移っていたけれど、ワンシーズンでいわば出戻りという形に。・・・体力の弱ったERにとっては競う相手が「WAT」だろうが「Shark」だろうが、もはや大した違いはないのかも(←投げやり)。しかし「WAT」の木曜復帰はERに最後の一撃となるだろう、なんて書いた記事も見かけた。
jst2.jpg


アメリカでのER13シーズン最終回放送を前に、ゲイツ役ジョン・ステイモスがNBC朝の番組 "TODAY" に登場。その様子はMSNBCから視聴できる。

こちら

ERについては「どうなるかは今夜の放送を見てね!」とPR。

23rayneela.jpg


現地時間で明日放送のER13シーズン最終回を前に、番組公式サイトでパーミンダ・ナーグラ(ニーラ)とシェーン・ウエスト(レイ)のインタビュービデオが公開された。レイのインタビュー、珍しい・・!

・ パーミンダ・ナーグラ
・ シェーン・ウェスト

それぞれ自分のキャラクターや「三角関係」について語る二人のトークに、エピソード映像のチラ見せも。

===========

TV Guide "ER"

テレビガイドサイトERページには、エピソードからレイ&ニーラのワンシーン(1分20秒)もアップされた(アメリカでエピソードが放送されるまでの期間限定)。


===========

追記:
リクエストをいただいたので適当ではありますがインタビューを訳してみました。ネタバレを含みます。

... 続きを読む
ER12-07 「誘拐犯」("The Human Shield" )から

-------------------------------------------

~ER部長に自分も立候補したいとウィーバーに告げたルカ。「興味なかったんじゃないの? あなたのスタイルじゃないでしょう」と言われ・・・~

Luka:
Maybe it's time for me to change my style. Look, I've been here for a long time. I know the people, I know the department. I just want to put my name into the mixture.

「自分の『スタイル』を変える時期なのかも。僕はもうここで長いから、この部門も仲間のことも良く知っている。とにかく自分の名前も候補に入れたいんだ(「候補者の面々」を指す単語に "(into the) "mixture" を使っている)。」

Weaver:
Mix. All right, I'll let the committee know you're interested.

「(mixture ではなく)mix、よ。分かった。委員会にあなたの意向を伝えておく」

Luka: Thank you.「よろしく(ありがとう)」

----------

「ルカの間違い英語」に新アイテム。「『ミックス』よ」とウィーバーに間違いを訂正された直後(吹き替えでは「本当?」)、一瞬首をかしげての「??」という「何?」的表情がかわいい!

mix (名詞)と mixture。これは確かに間違えやすいかも(はっきり違いを説明しろと言われると、自信ナシ・・)。

関連過去記事:
・ 「ルカの間違い英語ヒストリー」
・ 「スモークじゃなくてスチーム」


-------------------------------------------

~クレメンテ、レイを自作の?ニックネームで呼ぶ。サムから患者が暴れていると報告されて~

Clemente (to Ray):
X-ray, come on. You and me, tag team. You'll distract him, I'll shoot him.

「おい ”エックスレイ”、俺とお前でタッグだ。お前がヤツの気をそらし、俺が銃(麻酔銃)を撃つ」

----------

X-ray= X線、レントゲン(検査、写真)。レイの名前 "Ray" とかけている。

-------------------------------------------

~人名その1。救急車で搬送された誘拐事件被害者の少女。アビーに名前を聞かれて~

Sydney:
Vincent calls me Mezoti.

「ビンセント(犯人)は私をメゾッティと呼ぶの」


Mezoti は「スタートレック ヴォイジャー」に登場した少女のキャラクター(やはり拉致された)、とのこと。

-------------------------------------------

~人名その2。ヘレエの解雇についてフランクににネチネチと言われたサムは逆ギレ気味~

Sam:
Haleh was Eve's idea. I was just following orders.

「ヘレエの件はイブの考えなんだってば。私は命令に従っただけ

Frank:
That's what Himmler said.

ヒムラーもそう言ったもんだけどね」
(吹き替え:ヒトラー総統ですか」)

----------

ヒムラー・・ナチスの指導者、ハインリッヒ・ヒムラー。ゲシュタポ(秘密警察)、親衛隊(SS)のトップ。

・・・でもフランク、「自分は命令に従っただけだ」という言い訳が有名なのはヒムラーよりアイヒマン(ホロコーストの実行に大きな役割を果たしたアドルフ・アイヒマン)では?? うろ覚えですが。
LA Times

ER13シーズン22話 "Sea Change" 分を含むアメリカの週間視聴率ランキング。


... 続きを読む
2007.05.15 記念に一枚 
a05.jpg

今朝、朝刊(朝日)を開くとルカERキャストの写真(NHK番組サイトのタイトル画像)が目に飛び込んできた。記事は海外ドラマ全体の最近の放送状況に関するものでERは2か所で軽く言及されているだけなのだけど、自分が読む新聞紙上でその写真を見かけるなんて珍しいー!♪・・・、というか最近の記憶にはないことなので記念に一枚。
LA Times
FOX News (AP) ほか

今週はアメリカのネットワーク局が、広告主に向け新番組などこの秋からのラインナップを順次発表するイベント「アップフロント(upfront)」の週。昨日、その先陣を切ったNBCが発表したラインナップでは、(事前には、今年こそ別の曜日・時間に移るかも?とも言われていた)ER14シーズンの放送は過去13年間と変わらぬ木曜10時から、となっている。

ただ、「10月に局側と制作側(トップのジョン・ウェルズなど)が話し合い、14シーズンで番組を終わらせるかどうかを決める予定」とのこと。

=====

今日発表されたばかりのABCのラインアップ(TV Guideなど)では、ERの「裏」となる木曜10時に"Big Shots" と題された新ドラマが予定されている。男の友情モノっぽい? 出演がマイケル・ヴァータン(「エイリアス」)、ディラン・マクダーモット(「ザ・プラクティス」)、ジョシュア・マリーナ(「ザ・ホワイトハウス」)、クリストファー・タイタス(「タイタス」)、ニア・ロング(「サード・ウォッチ」)・・・。強力かも。ER、だいじょうぶ?!
ER12-07「誘拐犯」("The Human Shield")

ths5.jpg

ローラ・イネス(ウィーバー)演出のエピソード(上)。

誘拐犯役、C.トーマス・ハウエルは1983年の青春映画「アウトサイダー」(マット・ディロン、カラテキッドのラルフ・マッチオ、ロブ・ロウ、パトリック・スウェイジ、エミリオ・エステベスら出演)の少年ポニーボーイ役で知られる。その後もコンスタントに活動を続け、最近ではこのERの後に「24」第5シーズンにキム・バウアーのボーイフレンド役でチラリと登場、など。


... 続きを読む


NHKBS2で明日が初回放送となるER12-07「誘拐犯」にゲストで登場するジョン・ステイモス。05年秋、アメリカでの放送前に情報番組 "extra" で公開されたインタビュー&撮影風景のビデオクリップを番組サイトでまだ視聴することができる。

こちら(クイックタイム形式)

セットでの撮影風景にはエピソードを演出しているローラ・イネス(ウィーバー)や共演のパーミンダ・ナーグラ(ニーラ)の姿も見えるとても楽しいもの。

====

また、「そーなるとは知ってたけど、この回で動くとは・・!」と一人騒いでしまったアメリカ版の予告編はこんな感じでありました(「ずばりネタバレ」なのでご注意ください!)。

Zap2it
Hollyood Reporter など

ERのサム、リンダ・カーデリーニ(Linda Cardellini)が "The Heaven Project" と題されたインディ映画に主演ポール・ウォーカー(「ワイルド・スピード」「南極物語」「父親たちの星条旗」など)の相手役で出演とのニュース。「死刑囚が薬物注射による刑の執行から生き返り、『神からチャンスを与えられ』別の人生を・・」という超自然スリラーで、リンダはやり直しの人生で主人公が働く精神科病院の管理職員&恋の相手、なのだとか。作品は現在カナダなどで撮影中のよう。
ER13-22 "Sea Change"

演出:ローラ・イネス(ウィーバー)
LI1322.jpg

... 続きを読む
133343.jpg 13936423.jpg 

現地時間の昨夜、ロサンジェルスで開かれたループス(Lupus。病名)関連団体の資金集めガラに出席というゴランの写真がwireimage などに。ERからパーミンダ・ナーグラ(ニーラ)とスコット・グライムズ(モリス)の顔も。会場では、ドラマ「ザ・シールド」でCCH・パウンダー(初期のERのヒックス先生役)が演じている(ループスを患った)キャラクターの描写に対して「ザ・シールド」プロデューサーが表彰されたりもしたそう。

こういう場ではいつもゴランに寄り添っていた奥さまイヴァナさんの姿が今回はなし。Tin("Augustin" の短縮形/愛称、とのこと)くんとお留守番かな?


TV Guide "Ask Ausiello"

Question: I guess 3 Lbs was really just Stanley Tucci's audition tape for ER. Any news on if he'll be back for next season?

Ausiello: Not only will he be back, but he'll be a series regular.



アメリカで今週放送の13シーズン22話で初登場する医師「モレッティ」役のスタンリー・トゥッチ、TV Guideのコラムによるとどうやら来14シーズンではレギュラーとなるよう。

13シーズンの後、レギュラーが少々スカスカとなる印象だったのでそう来るんじゃないかな~と思っていたら、やっぱり! 番組に良い影響をもたらしてくれるよう期待したい。

(トゥッチ初登場の次回13-22予告編がこちら

関連過去記事:
スタンリー・トゥッチが13,14シーズンに出演(ネタばれを含みます)
NP10109.jpg NBCUMV / 大きめバージョン

ER13シーズン最終回となる第23話 "The Honeymoon Is Over" からの写真がNBCサイト他で公開された。屋外ロケでのニーラ、ゲイツの6枚。

(以下「ネタバレ」です)


... 続きを読む
LA Times

ER13-21 "I Don't" を含むアメリカの週間視聴率ランキング。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。