上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 "Semi-Pro" のプロモーションにお忙しのモーラ・ティアニー(アビー)、昨日(27日)はモーニングショー "TODAY" に出演。ビデオはMSNなどから。

Maura Tierney goes ‘Semi-Pro’ Maura Tierney goes ‘Semi-Pro’ (クリックでビデオページに飛びます)

また、「マーサ・スチュワート」にも登場してシーフードチャウダーを作ったりしたのだそう。
martha.jpg

追記:
番組オフィシャルサイトでビデオを視聴できます → こちら (ページ右側のビデオリストから "Maura Tierney Cooks "の 1と2、計15分ほど) ・・・チャウダー作ってます セロリ切ってます!
... 続きを読む
スポンサーサイト
脚本家のスト問題が解決し、14シーズンの”ネタバレ”情報が何ヶ月ぶりかで。


... 続きを読む
21日深夜、トークショー「ジミー・キンメル」に登場したERアビー役、モーラ・ティアニー

※2月25日、訳文を追記しました※

パート1:


パート2:


画面右上の "CC"ボタンを押すと、英語字幕(クローズドキャプション)が表示されます。少し時間差はありますが、ありがたい~!

脚本家のストが始まった後、(ERの撮影が中断したので?)LAから深夜便でNYに戻り、早朝自宅に着いてみるとなんと・・・というビックリエピソードや、ER、映画"Semi-Pro" についての楽しいトーク。

... 続きを読む
USA TODAY

19日、出演したスポーツコメディ " Semi-Pro " (ウィル・フェレル主演、バスケもの)のプレミアで、ERアビーのモーラ・ティアニー(Maura Tierney)が「ER(14シーズン)は3月3日から6話分の製作(撮影?)再開」「15シーズンは決まっている」と語ったそう。ただ、自身が出演を続けるかどうかについては明言を避けたよう("Tierney, however, is on the fence about returning.") 。

(クリックで特大サイズへのリンクへ飛びます)
Entertainment Weekly
TV Guide (随時更新) ほか

4月10日に北米での放送が再開されるER、今後製作される14シーズンの残りのエピソード数は「6」で確定のよう。すると、放送済みの13話までにプラスして、第14シーズンは通常の22話より3話少ない全19話ということになる。その分当初の予定から端折られることになるストーリーラインは・・・?  ノア・ワイリーは主演の「ライブラリアン」シリーズ新作の撮影が来月に予定されているという話だし(過去記事)、カーターの複数回ゲスト出演話が15シーズンに先延ばしされる可能性もあるかも?

===

E!Online (Watch with Kristin)
Series Pickups for Next Season: According to sources, ER has been ordered for a 22-episode season 15 (!), and NCIS has been ordered for an extralong 28-episode season six.



E!Online のこのコラムのネタバレは「話半分に聞いておいた方が無難」的な場合もままあるとはいえ、「ERは第15シーズン(22話分)がオーダー済み」の情報。またストでもない限りは(?)今度こそラストシーズンになるとは思うけれど、フルシーズン(22話)、話が持つのかなあ・・・。
●「アメリカ脚本家組合のストライキ終結」ニュースの日本語記事:

読売オンライン
ロイター
ヴァラエティジャパン など

:::::

●ERの今後関連:

4月ごろから数話程度の新作エピソード放送はほぼ決定なよう(それでも、スト前の放送は第13話までだった14シーズンのエピソード総数が通常の22話に届かないことは確実そう)( → → 4月10日再開が発表された。追記参照)。そして、「その後」について、TVガイドのコラムとNY Times が伝えるのは昨日のヴァラエティ紙記事をなぞるような「コストを削減できれば15シーズンの可能性も大いにあり」説(NY Times によればそれはNBCの「偉い人」の発言でもあるとのこと)。

Ask Ausiello (TV Guide)
Question: Now that the strike is over, can you tell us what is going to happen to ER?

Ausiello: According to the trades, NBC is contractually obligated to produce more episodes this season, so it'll definitely return in April. And if Warner Bros. can shave enough $$$ off the budget for next season, there's a decent chance it'll be back for a 15th (!!!) season.



NY Times
But NBC will have to make much quicker decisions on two of its long-running series, “Scrubs” and “ER,” because writers for both shows would plan finales if they knew the series would be ending. That had been expected at the start of the season, but yesterday Mr. Silverman said NBC had been reconsidering its plans for both shows.

He said that the network planned to continue “ER” for another season if a financial deal could be struck with the show’s studio, Warner Brothers.



「15シーズンは決定済み」と強気に(?)言い切るカナダの記事:

Canada.com
ER Three or four new episodes will air starting in April. ER has been renewed for another season, its 15th, and will return in September.



ほか、USA TODAYなども。

==========

追記:

NBCプレスリリース
ZAP2it
Hollywood Reporter ほか

13日、ストの影響で製作・放送が中断していた各番組の再開予定をNBCが正式発表。ER14シーズンの新作エピソードでの放送再開は4月10日

アメリカ脚本家組合(WGA)のストライキがほぼ解決、プロデューサーなどの "showrunner" たちは昨日月曜から、そしてライターの皆さんも明日水曜日には仕事に戻るということで、”スト後”の各番組の再開具合の予想・予測記事も先週末から数多く出るように。ドラマ一話分を製作には数週間かかるのでストが終わったからといって即、新エピソードの放送とはいかず、どの番組も次回の新作は早くとも4月あたりとなるけれど、とにもかくにも番組制作の再開はアメリカをはじめ世界中のファンが待ち望んでいた嬉しいニュース。

ERについてはじめて目にする情報が含まれていたのが業界紙ヴァラエティのこちらの記事↓

TV shows start to learn their fate (Variety)

The Peacock is contractually obligated to produce more "ER" segs this season, and it seems likely at least four to six of those will air starting in April. The net is also said to be in talks with Warner Bros. TV about a reduction in "ER's" license fee that would allow the show to return for another season in the fall.



「ピーコック(=NBC)(クジャクのロゴマークから)が今シーズン中にERの追加エピソードを製作することは契約上の義務で、そのうち最低4~6話の新作エピソードが4月から放送される可能性が高い。また、秋からの新(第15)シーズンを実現するため、番組ライセンス料の引き下げがNBCとワーナーブラザーズTVとの間で話し合われていると言われている」

ヴァラエティはかなり信頼性の高い媒体という気がするし、ん~~~、ひじょーに興味深い!

----

(各番組の再開予想をまとめたその他の記事の例。現時点でERは「シーズン中に再開だろう」程度のものが多い。TVガイド誌分も新情報が随時追加されています)

LA Times
Chicago Tribune
San Jose Mercury News
TV Guide

---------

(余談)

先週の7日、新作エピソードのストックが尽きたERの時間枠(NBC木曜10時)に放送がスタートした新ドラマ「リップスティック・ジャングル」(ブルック・シールズ、キム・レイヴァーら出演)の第一回の視聴率は、過去のERのどの回よりも低いものだった(速報値での視聴者総数が754万人)。それを「まずまず」「合格点」と見るか、「話にならない」と解釈するかはメディアによって分かれているよう。

春のラインナップ - NHK海外ドラマスタッフブログ

先週からスタートしたNHK海外ドラマ担当者の方々(総勢7人で海外ドラマに関する全てをこなしておられるそう)によるスタッフブログの最新記事に、

「ザ・ホスピタル」終了後、今秋をめどに『ER13 緊急救命室』をお送りする予定にしております


・・・の一文。
Ausiello Report (TV Guide)

昨秋から3ヶ月間に渡って続き、映画やテレビ番組の制作に大きな影響を与えたアメリカ脚本家協会のストライキ問題ががようやく解決しそう(この週末にも?)との展望を受け、製作や放送が中断中のドラマやシットコムがスト明けから5月の現行シーズン末までにそれぞれあと何話程度製作されるかとの予定/ 予想を一覧にしたテレビガイドの記事(「今後多くの変更も予想される」との但し書きつき)。「4月~5月に放送の4~7話分」なんて具体的なエピソード数が記されている番組も多い中、ERは "TBD" (to be determined = 未定・今後決定)。番組の将来については、まだしばらく情報待ち状態が続きそう? でもとりあえずストが終結の方向にあることは確実そうで、ようやく光が見えてきました。

****

Entertainment Weekly

先月下旬の段階で(サンダンス映画祭で)ゲイツ役ジョン・ステイモスが「(ERの)仕事に戻る準備はできてるよ」「15シーズン目があると思う。ストは残念だったし、でももちろん脚本家たちを支持するけど、これ(もうワンシーズン)はそれ(スト)からのいい展開だよね」などとコメントしている記事。この人は以前にも全く同じような話をしているし、「今シーズンはあと9話分の撮影が残っているんだ」という部分は、スト前の予定の話だと思うので、実際にはどうなるのかは・・・??

このブログを訪問してくださる方の検索キーワードでもかなり多いERの「NG集」。過去にご紹介したものがほとんどですが、ユーチューブなど動画サイトから埋め込んだ記事をシーズンの順に整理しカテゴリとして新設しました。

こちら

今回改めてウエブを検索し、自分にとっては初見だったのが、アップされて2か月ほどらしい充実の第3シーズン分(こちら。スペイン語の字幕つき)、それと第6シーズン分少々(こちら)。シーズン3、当時のレギュラー陣はもちろんのこと、復活し現在は「Dr.ハウス」で立派なドクターになっているガントやシカゴのERからワシントンで大統領の娘の警護担当SPを経てラスベガスCSIでの科学捜査に転職した(違)マギー・ドイル、ERの元祖アビーと言えばのアビー・キートンなどの準レギュラーやゲストの顔ぶれも懐しい。常にカンロクたっぷり、シリアスな表情がお約束のアンスポーせんせーのNG&スマイルも新鮮です!
People
US Magazine など

ERキャロル役として知られるジュリアナ・マルグリース(Julianna Margulies) と昨年11月に結婚した弁護士 キース・リーバーサル(Keith Lieberthal)氏に、はじめてのお子さんとなる男の子が誕生したとのこと。名前はKieran Lindsay (キーラン・リンジー)くん。ジュリアナのお父さんポール氏によると「キースとジュリアナ、それぞれに似ているところがあるね」、そしてご主人のお父さんは「これまでに会ったどんな赤ちゃんよりもかわいいよ」。

おめでとうございます! 元気に成長しますように。

(年齢にあまり触れるのは失礼かもしれませんが、40歳を過ぎてのはじめての赤ちゃんということで、ジュリアナのお母さんが自分の留守電にセットしていたというお孫さん誕生を知らせる応答メッセージの中の "All is well" 「すべて順調です」という部分がとりわけ嬉しく見えます)

*****

追記:

こちらの記事によると、キーラン君が誕生したのは1月17日。2月2日に撮影という、親子三人でお散歩する様子の(パパラッチ)写真がこちら

最近見かけたERキャスト(主に卒業生たち)のニュースなどをまとめてみました。

**********************

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。