上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ネタバレです)

====
... 続きを読む
スポンサーサイト
NHK海外ドラマ 2008年秋のラインナップ
ER12緊急救命室 集中再放送・放送予定

NHK海外ドラマホームページで、ER13シーズンの9月29日(月)放送開始が正式発表に。12シーズンと同じく「月曜11時」の時間枠。そして13シーズン放送を前に、9月8日(月)深夜(9日午前)から24日(25日午前)まで、月~木曜日の深夜にBS2で12シーズンが一日二話ずつ集中再放送されるとのこと。



何はともあれひと安心。12の再放送サービスは嬉しい!

===

... 続きを読む
現地時間の昨日、今年(第60回)のエミー賞のノミネーションが発表され、ERからはドラマシリーズ・ゲスト男優部門候補に13シーズン終盤と14シーズンに計10話に出演したスタンリー・トゥッチが入った。その他、14シーズンプレミアエピソード "The War Comes Home" が技術系の「音響編集(Sound Editing)」部門で候補になり、今年のノミネートは計2部門ということに。昨年、「チアーズ」(1982-1993放送)を抜き、エミー賞ノミネート数の史上最多記録を塗り替えたERのノミネート数はこれで合計122、最終シーズンの来期で果たしてどこまで積み上げることになるのかな・・・?

2008 Emmy nominations - part I / Part II (Variety)
主要部門のノミネートリスト (TV Groove・日本語)

tucci13.jpg


ER関連では昨年に続きサリー・フィールド(アビーのママ)が「ブラザーズ&シスターズ」でドラマ主演女優賞にノミネート。同じ部門には "Law & Order SVU" でノミネートの常連、マリスカ・ハージテイ(ER4シーズンのシンシア)の名前が今年も。また、ER14シーズン最終話にゲスト出演したスティーブ・ブシェミが、ERではなく「30 Rock」でコメディのゲスト俳優部門候補になっている。

個人的に「お♪(嬉)」なのは、大好きな「クローザー」のキーラ・セジウィック(主演女優賞部門)、そして、Zeljiko Ivanek の「ダメージ」での助演男優賞候補入り。 イヴァネックはバリバリ旧ユーゴスラビア、なその名前で強引にゴランつながりの親近感もあったりする役者さん(ただしこの人はクロアチアではなくスロベニア生まれ、3歳でアメリカ移住なのでほぼアメリカ人ですが)。ERにも第7シーズン「私たちが踊るダンス」に弁護士役で出演歴あり。わき役が多い地味~なおじさまながら舞台でも活躍する実力派、「ダメージ」でグレン・クローズやテッド・ダンソン(この二人もそれぞれ主演、助演部門でノミネート)に苦しめられた甲斐があった?!
(NHKBSでこの春から放送されていた「ダメージ」ファーストシーズン、油断して1、2回 ”ながら視聴”をしたら話について行けなくなりましたが、イヴァネック演じるレイ・フィスクが苦悩する姿目当てに(笑)なんとか完走しました)

今年のエミー賞授賞式は、技術系やゲスト俳優などマイナー部門の「クリエイティブアート・エミー」が9月13日、そして、テレビ中継でもおなじみ、主要部門の華やかな「プライムタイム・エミー」が9月21日に開催予定。
アメリカで9月25日から放送される、ER最終シーズンとなる第15シーズンのPRビデオの第1弾が早くも番組サイトに。主に14シーズンからの映像をつないだもの(ネタバレはなし)。


552783.jpg (右からマイケル・ビーチ、マイケル・ミシェル、エリク・ラ・サル、そしてラ・サルの母親役Cicely Tyson

... 続きを読む
Celebrity Baby Scoop など

8日、5ヶ月になった息子さんのキーラン(Kieran) くんとお買い物中のERキャロルことジュリアナ・マルグリースの「パパラッチ」写真が各媒体に。すくすくとお育ちの様子のキーランくん、カワイイ!



ワーナー・ホーム・ビデオ "I Love TV Life"

ER12シーズンのソフトシェルDVD(セット1、セット2)が9月10日発売、同日、11シーズンのソフトシェルは初のキャンペーン化で約半額に。

(・・・11のキャンペーン化、待ってました~!)
Gold Derby (LA Times)
TV Guide

今年度のエミー賞各主要カテゴリーのノミネーション(各5番組/ 5人)はこの中から選ばれる、という「トップ10(カテゴリによってはトップ11)」/「セミファイナリスト」のリストが今年初めて(?)公になったとのこと。LA Timesのブログが過去数日間にわたって順次 ”リーク” してきたリスト(あくまで非公式なもの)から、ドラマ部門は番組、男優女優それぞれの主演・助演賞のセミファイナリストたちの顔ぶれが明らかに。エミー賞主要部門から縁がなくなって久しいERは、予想通りと言うかどのカテゴリにも残っておらず、今年もノミネート・受賞はないと早々とわかってしまった(各番組/局サイドが「この人をこの部門で」と提出した選考対象のエントリーリスト(とでも呼ぶのかな?)がこちら。ERのレギュラー俳優陣はそれぞれすべて助演カテゴリへのエントリーだった。トップ10リストが未発表でERに可能性が残されているのはスタンリー・トゥッチがエントリーされているゲスト男優部門ぐらい -7月3日追記:トゥッチ、ゲスト男優賞のトップ10入り)。

現地時間で今月17日にノミネーションが発表され、授賞式は9月21日。

以下、現時点で明らかになったリストのメモです(随時追記)。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。