FC2ブログ
BS2でのER13シーズン、次回はいよいよ・・・
myルカ(違)に人生最良の日が。
予告編だけで頬はゆるみっぱなし、放送が待ちきれません。初登場から苦節(?)7年、いろいろなことを乗り越えてよーやくここまで辿り着きました・・・長かった~!

::::::

シーズン後半ここまでで、個人的に一番好きなエピソードは先週放送の19話「家族に事情あり」。そしてそれは、息子の死を忘れてしまう認知症の老人を演じた役者さんの演技・存在感によるところが大、です。

::::

どんどん貫禄がついて、一体どうなることかとシーズン半ばまではハラハラさせられていたルカのルックス(顔のお肉)が、最近ようやく縮小傾向、ひと安心。

::::

今週の「明かりが消える」でER部長の座を降りたルカ。

(以下、ややネタバレありです)
実は、彼の「ERドクター」姿もあれで見納め。カウンティを辞めたわけではなく、管理職ではないスタッフドクターに戻っただけという設定ですが、なんだかんだで、白衣を着てERのシフトをこなすシーンは今後もうありません。なのでルカが最後に診た患者はサムが深く関わったフォトグラファーのダイアナ(アナベラ・シオラ)ということに。 そんなワケで、予告編でヒートアップ!な次回への期待と、ERのドクターとしてのルカをもう見られないことの寂しさが入り混じり、放送後はしばらくの間プチ放心状態でした。

腹水がたまってお腹がパンパンに膨れたダイアナの姿は(それに、全体的なやつれ具合も)、見ているのがとても辛かったです。やはりがんだった私の身内も亡くなる2~3月前から全く同じ状況で、たまった腹水を抜いてもらう現場にも何度か立ち会った経験があるので、リアルな描写に当時を思い出してたまらない思いでした。
Secret

TrackBackURL
→http://scabiosa.blog56.fc2.com/tb.php/1951-0df7da12